さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

日本先住民族 アイヌの言葉

アイヌは人間。

カムイは神様。

コンブはコンブ。^^

ヤイライケレ~はありがとう。
ただ一方的に声に出すのではなく、両手を
くるんっとさせることにより、感謝を相互的に現す。

イランカラプテはこんにちは。
意味は<あなたの心にそっと触れさせてください>。
アイヌの人たちの他者に対する謙虚さが感じられる。

もともと、戦いを好まないアイヌ民族。
1時間でも、1週間でも、1年でも、10年でも^^
チャランケ<とことん話し合うこと>によって問題解決。 

エカシは長老。

フチはおばぁたぁ。

c0176193_1502047.jpg

ムックリはアイヌの口琴。

c0176193_1504790.jpg

これはメノコマキリマキリ
男の子が彫ってお嫁さんにプレゼント。一生もん。

c0176193_1732563.jpg

トウキ(神様の器)の上にイクパスイ(神様の使うお箸)。

イヨマンテは熊送りの儀式。

アイヌ民族はもともと狩猟採集民族。
縄文人そのもの。自然の恵みによって生きる人。

ポロチセ共同体で住み 結婚するとポン(小さい)チセ(家)。

だから、アイヌ・ネノ・アン・アイヌ(人間らしい人間)
というのは、道端の草木に話しかけ、自然の恵みに
感謝して、心と心の触れ合いを大切にする人。
弱者を助けお互いを助け合いう姿勢をもった人。

歴史的背景

むか~しむかし、そのまたむかし、
アイヌの人たちは、山から山菜や薬草を集め、
シカを狩り、海からは海草やサケをいただき、
それをお塩で味付けし、自然とともに暮らしていました。

収穫が少ないときは、お隣さんから分けてもらい、
神様への感謝の祈り、踊り、音楽によって、
そのつながりを大事にしていました。


1868年 明治政府が生まれ、近代化が進みました。
1869年 北海道が近代日本の領土となりました。

* アイヌ民族は日本社会に同化することを求められ
* シカ猟、サケ漁、イヨマンテも禁止されてしまいました。


1899年 北海道旧土人保護法が設定されました。

* 小さい農耕地があてがわれ、百姓となることを求められたアイヌ。
* 仕事を求め日本各地へ。現在、全国に10万から50万のアイヌ。
* 差別のためアイヌと名乗っている方は、2%ほどだと言われている。


1997年 北海道旧土人保護法が廃止されました。
1997年 替わって、アイヌ文化振興・研究推進法が設定。

* 北海道に住んでいるアイヌへは、一定の福祉対策事業が進むが、
* おおもとである、アイヌの生活には何もしていないこともあり
* アイヌ語を日常語としてしゃべれる方は現在15人ほど。こりゃやばい。


2007年 国連が先住民族の権利に対する宣言を採択したこともあり
2008年 国会でもアイヌが先住民族であることを認める。

ここからは、未来のお話

2010年 ドキュメンタリー映画 「Tokyo Ainu」が完成、大人気。
2011年 全国にちらばるアイヌが名乗りでて、アイヌ文化の復興。
2012年 アイヌを始めとする、様々な民族・文化が認められ、日本が
より豊かな国となり、その波紋がアジア・地球全体にも広がっていく。
[PR]

by okimaki | 2009-05-16 13:07 | 平和
<< 日本先住民族 アイヌの儀式 デンジャラスな<とら年>生まれ >>