さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


オバマさんとスピーチライター

Akkunさんの日記を読んでて。。気が付いた。

おめでとー新大統領!丑年・獅子座のオバマさん(1961.8.4)と
彼の演説を書いた、酉年・双子座のJon Favreauさん(1981.6.6)は
同じ<丑年・巳年・酉年グループ>に属する。

同じグループの人たちは感覚や価値観が似ている場合が多い。
そして、自然とお互いのいい所を引き出し、弱点を補う。

表舞台でリーダーとして活躍する丑年オバマさん
裏方として分析家として活躍する酉年ジョンさん(27歳!驚!)

目指しているものは一緒なんだろうね。

そして、テニス界でも。。。

卯年・蟹座の杉山愛ちゃん(1975.7.5)とダブルスを組んでいる、
25歳のDaniela Hantuchovaちゃん(1983.4.23)は亥年生まれ。

二人は同じ<卯年・未年・亥年のグループ>で、これまた相性最高。
シングルでも上位だけど、ダブルスだとさらにパワーアップ。

愛ちゃんのポジティブさが、ダニエラちゃんに一定感を与え、
ダニエラちゃんの芯の強さが、愛ちゃんのソフトなハートに
カツを入れるのかな。。

テニスを見てても、政治の話を聞いても、
こんなことばっかり考えているんだよねー。
あぁ占い病はこれだから困る。。笑
[PR]

by okimaki | 2009-01-30 09:54 | 占い

OnePeaceの会 *ピクニック*

恰好: ワンピース!!!

日時: 2月1日(日曜日)11時ぐらい

天気: 30度前後だとOK,でも35度を越えたらNOかな

目的: 宇宙平和 & おしゃべり & Entertainment大歓迎

場所: City近くのCarlton Gardens
    メルボルンミュージーアムの北側、トイレの近く

持ち物: お弁当・お菓子(千円以内、果物は除く; )
     帽子、日焼け止め、サングラス、敷物

当日は、元慰安婦の方々をサポートしているFCWAさん
(Friends of Comfort Women Australia )がオーガナイズする
ピクニックが同じくカールトンガーデンで行われています。
ギターリストのLeighさんの演奏や、飲み物・ワインが
ゴールドコインドネーションで楽しめるようです。(詳細は下)

One-Peace
とも&まき

To support "Comfort Women" who are victims/survivors of
Japanese military sexual slavery during WWII. There is one
in Australia and approx. 100-150 still surviving in Korea, China,
Taiwan, Philippines, Indonesia, East Timor, Papua New Guinea,
Netherlands... The estimated number of total victims are at 200,000.

Local independent guitarist Leigh Slogett will be
playing for us original blues/roots/folk music.

Wines and soft drinks will be available for a gold coin donation.

You can write a direct message to survivors for
International Women's Day coming up in March.

You can support FCWA lobbying Australian pollies
to pass a motion in House of Representatives in 2009.

Interesting and nice people will be there – hoping to attract 30 or more.

You can just drop by for a drink or stay the whole day picnic-ing around.

[PR]

by okimaki | 2009-01-28 12:41 | 平和

お月様のお正月

今日は新月。

太陰暦のお正月。

新年明けましておめでとう!

c0176193_17182846.jpg

今頃、イトマン(漁村:-)ではハーリーかな~。

月に導かれる「干支占い」にとっても、

今日からが新年の幕開けー。わくわく。

モーモー年の今年は、「ゆっくり」 「つつみこむ」

「がんばる」 「根をはる」 などがキーワード。

そして、「与えること」 「協力すること」を学ぶ年。

c0176193_17191173.jpg

* 今年に限らず、1月の後半から2月の中頃にかけて新年が始まります。
よって、1月、2月生まれの方で十二支占いをするときは*ここでチェック*
[PR]

by okimaki | 2009-01-26 17:35 | 占い

Lunar Years 一覧表

子 January 31, 1900 to February 18, 1901
丑 February 19, 1901 to February 7, 1902
寅 February 8, 1902 to January 28, 1903
卯 January 29, 1903 to February 15, 1904
辰 February 16, 1904 to February 3, 1905
巳 February 4, 1905 to January 24, 1906
午 January 25, 1906 to February 12, 1907
未 February 13, 1907 to February 1, 1908
申 February 2, 1908 to January 21, 1909
酉 January 22, 1909 to February 9, 1910
戌 February 10, 1910 to January 29, 1911
亥 January 30, 1911 to February 17, 1912

子 February 18, 1912 to February 5, 1913
丑 February 6, 1913 to January 25, 1914
寅 January 26, 1914 to February 13, 1915
卯 February 14, 1915 to February 2, 1916
辰 February 3, 1916 to January 22, 1917
巳 January 23, 1917 to February 10, 1918
午 February 11, 1918 to January 31, 1919
未 February 1, 1919 to February 19, 1920
申 February 20, 1920 to February 7, 1921
酉 February 8, 1921 to January 27, 1922
戌 January 28, 1922 to February 15, 1923
亥 February 16, 1923 to February 4, 1924

子 February 5, 1924 to January 24, 1925
丑 January 25, 1925 to February 12, 1926
寅 February 13, 1926 to February 1, 1927
卯 February 2, 1927 to January 22, 1928
辰 January 23, 1928 to February 9, 1929
巳 February 10, 1929 to January 29, 1930
午 January 30, 1930 to February 16, 1931
未 February 17, 1931 to January 5, 1932
申 February 6, 1932 to January 25, 1933
酉 January 26, 1933 to February 13, 1934
戌 February 14, 1934 to February 3, 1935
亥 February 4, 1935 to January 23, 1936

子 January 24, 1936 to February 10, 1937
丑 February 11, 1937 to January 30, 1938
寅 January 31, 1938 to February 18, 1939
卯 February 19, 1939 to February 7, 1940
辰 February 8, 1940 to January 26, 1941
巳 January 27, 1941 to February 14, 1942
午 February 15, 1942 to February 4,1943
未 February 5, 1943 to January 24, 1944
申 January 25, 1944 to February 12, 1945
酉 February 13, 1945 to February 1, 1946
戌 February 2, 1946 to January 21, 1947
亥 January 22, 1947 to February 9, 1948

子 February 10, 1948 to January 28, 1949
丑 January 29, 1949 to February 16, 1950
寅 February 17, 1950 to February 5, 1951
卯 February 6, 1951 to January 26, 1952
辰 January 27, 1952 to February 13,1953
巳 February 14, 1953 to February 2, 1954
午 February 3, 1954 to January 23, 1955
未 January 24, 1955 to February 11, 1956
申 February 12, 1956 to January 30, 1957
酉 January 31, 1957 to February 17, 1958
戌 February 18, 1958 to February 7, 1959
亥 February 8, 1959 to January 27, 1960

子 January 28, 1960 to February 14, 1961
丑 February 15, 1961 to February 4, 1962
寅 February 5, 1962 to January 24, 1963
卯 January 25, 1963 to February 12, 1964
辰 February 13, 1964 to February 1, 1965
巳 February 2, 1965 to January 20, 1966
午 January 21, 1966 to February 8, 1967
未 February 9, 1967 to January 29, 1968
申 January 30, 1968 to February 16, 1969
酉 February 17, 1969 to February 5,1970
戌 February 6, 1970 to January 26, 1971
亥 January 27, 1971 to February 15, 1972

子 February 16, 1972 to February 2, 1973
丑 February 3, 1973 to January 22, 1974
寅 January 23, 1974 to February 10, 1975
卯 February 11, 1975 to January 30, 1976
辰 January 31, 1976 to February 17, 1977
巳 February 18, 1977 to February 6, 1978
午 February 7, 1978 to January 27,1979
未 January 28, 1979 to February 15, 1980
申 February 16, 1980 to February 4, 1981
酉 February 5, 1981 to January 24, 1982
戌 January 25, 1982 to February 12, 1983
亥 February 13, 1983 to February 1, 1984

子 February 2, 1984 to February 19, 1985
丑 February 20, 1985 to February 8, 1986
寅 February 9, 1986 to January 28, 1987
卯 January 29, 1987 to February 16, 1988
辰 February 17, 1988 to February 5, 1989
巳 February 6, 1989 to January 26, 1990
午 January 27, 1990 to February 14, 1991
未 February 15, 1991 to February 3, 1992
申 February 4, 1992 to January 22, 1993
酉 January 23, 1993 to February 9, 1994
戌 February 10, 1994 to January 30, 1995
亥 January 31, 1995 to February 18, 1996

子 February 19, 1996 to February 6, 1997
丑 February 7, 1997 to January 27, 1998
寅 January 28, 1998 to February 15, 1999
卯 February 16, 1999 to February 4, 2000
辰 February 5, 2000 to January 23, 2001
巳 January 24, 2001 to February 11, 2002
午 February 12, 2002 to January 31, 2003
未 February 1, 2003 to January 21, 2004
申 January 22, 2004 to February 8, 2005
酉 February 9, 2005 to January 28, 2006
戌 January 29, 2006 to February 17, 2007
亥 February 18, 2007 to February 6, 2008

子 2008.2.7 - 2009.2.25
丑 2009.2.26 - 2010.2.9
[PR]

by okimaki | 2009-01-26 17:21 | 占い

テニス選手でBirthday占い

男子プロ、トップ20位以内を星座別に見てみると。。。

1位 <Earthグループ> 40% 
牡牛座 (1人)・乙女座 (4人)・山羊座 (3人)

2位 <Fireグループ> 35%
牡羊座 (3人)・獅子座 (4人)・射手座 (0人)

3位 <Airグループ> 15%
双子座 (2人)・天秤座 (1人)・水瓶座 (0人)

4位 <Waterグループ> 10%
蟹座 (1人)・蠍座 (1人)・魚座 (0人)

やっぱり<Earthグループ>きましたね~!

カベ打ちとか一人で黙々やっていそう。。^^そんでもって、
チームプレイより自分の力が試される個人競技の方が向いている?

メカニカル&テクニカルなこと大好きだし、冷静さや分析力も
持ち合わせてる。テニスにはもってこいのサインなんだろう。
我らがケイ・ニシコリ君も山羊座!

続く<Fireグループ>は勝負事に強い。
土壇場で本領を
発揮するタイプが多い。注目されるほど、盛り上がる?

歴代で見ても、最も多い乙女座 (4人)と獅子座 (4人)、
この両方の資質を掛け合わせた人が4年間敵なしの天才、
Roger Federer (1981.8.8)。
酉年・獅子座の彼はテニスのお手本みたいな人。
以前、酉年の話で書いたけど、酉と乙女座が同等とみなされるため。

c0176193_1732127.jpg

でも、このパーセンテージを覆し、現在のNo.1は
寅年・双子座 Rafael Nadal (1986.6)。
独自のスタイルとアンオーソドックスなテニスには
みんなビックリ。格好からして違うからね。(写真上)

テニスに限らず。。
傾向はある程度分かるけど、例外もある、これが占い。
[PR]

by okimaki | 2009-01-24 07:17 | 占い

未来の全豪オープン

さてさて。。

大きなイベントやお祭りには浪費がつきもの。
全豪オープンもまたしかず。

そ。こ。で。サステイナブルな未来の全豪オープンを予想!

コートの周辺に植えられ、大きく育った木々が観客席に日陰を作ってくれ
c0176193_13453650.jpg

ナイトマッチを照らすライトは太陽光発電  夕暮れもキレイよ~
c0176193_13445057.jpg

食べ物&飲み物はバイオディグレイダブル容器で売られ、
リサイクル用ゴミ箱の横には、生ごみ用コンポスト
c0176193_13454320.jpg

その肥料で育った果物の木がフェンス替わりになる
c0176193_1346824.jpg

選手の送り迎えは、スポンサーのKIAが提供する電気自動車^^
各国から集まる選手達は飛行機移動をカーボンオフセット
c0176193_13503276.jpg

そして、彼が未来のチャンピオン!!!Kei Nishikori!!^^
c0176193_13474046.jpg


余談。。

オーストラリアでは一人一日155リットル(水)キャンペーン中
c0176193_13481988.jpg

こんな張り紙が張られている肝心のトイレには
フルフラッシュ(大ー約10リットル)しかなく、
ハーフフラッシュ(小ー4リットル)がない。。

全豪オープン期間中に何万回フラッシュされるんだろか。。
これはメルボルンパーク&大会開催者に一筆書かなければ。
[PR]

by okimaki | 2009-01-22 13:59 | サステナビリティー

決めるが価値

c0176193_1545468.jpg

なにがあたってて
なにがまちがい?

そんなの分からんさー

自分がピンとくるもの
自分がわくわくすること
自分が正しいと思うこと

自分の感性で決めるが価値ー^^
[PR]

by okimaki | 2009-01-20 07:37 |

テニステニステニス

サステナ的には。。

リオのカーニバルも、オリンピックも、全豪オープンも
かなりブーなんだけど。。。でもいいんだーよー!!
c0176193_17354419.jpg

テニス教の信者なんで、全豪オープンとなると
色とりどりの教祖様(選手)を拝みに毎日通いづめ。

今年は伊達さん目当てに予選から見に行ってみたら、
これがつぼにはまり、マーケットさぼって連日行ってしまった。。

でもほら(下)。。右を向いたらサーブ速度111km
彼は伊達さんのひとつ前の試合に出てた人。
c0176193_17363194.jpg

左を向いたら隣のコートナンバー11/11だったので
テニスの神様もokって言ってくれてるんだよ。。
c0176193_17371336.jpg

予選もさることながら、トップ教祖様たちの練習風景も
勉強になる。本選前で人が少ない分、後光を浴びまくり。

フラフラ歩いてたら杉山さんけい君を発見!
「写真お願いします」って言ったら、二人とも笑顔笑顔。
スポーツ選手、コートの外でも感動ばらまいてくれてありがとう。
あーもうミーハーなのは何歳になっても一緒だ。笑。

c0176193_1738413.jpg

そして、戻ってきてくれた伊達さん。。本当にありがとう。。
あのテニススタイル、精神力、技術、もぅ感動しまくり。
「Thank you for coming back~」って叫んだよ。

明日から本選です。教祖様たちのBest tennisを期待してます!
[PR]

by okimaki | 2009-01-18 17:50 | 健康

インディオと魂のお話

豆子ちゃんからの新年メールより。

考えさせられるふたつの「答え」
「モモ」からのメッセージ (ミヒャエル・エンデ)
1989年朝日新聞元旦号に掲載された文章です。


何年かまえ、中米奥地の発掘調査に出かけた研究チーム
の報告を読んだなかに、こんなことがありました。


調査団は、必要な機器等の荷物一式を携行するために
インデ ィアンのグループをやとった。

調査作業の全行程には完壁(かんぺき)な日程表ができていた。
そして初日から4日間はブログラムが予想以上によくはかどった。

運搬役のインディアンたちは屈強で従順で、日程どおりにことが進んだ。
ところが5日目になって、彼らは先へ行く足をぷっつり止めた。

黙って全員で輸になり。地べたに座りこんで、もうテコでも荷物を
かつごうとしない。調査団の人たちは賃金アッフを提案したがだめだった。
叱りつけたり、ついには武器まで特ちだして脅したりしてみたが、
インディアンたちは無言で車座になったまま動かない。
学者たちはお手上げの状態で、とうとうあきらめた。

日程には大幅な遅れが生じた。と、とつぜんー2日後のことだったー

インデイアンたちは同時に全員が立ち上がった。荷物をかつぎあげ、
予定の道を前進しだした。賃金アップの要求はなかった。
調査団側から改めて命令したのでもなかった。

このふしぎな行動は、学者たちにはどうにも説明のつかぬことだった。
インディアンたちは、理由を説明する気などまるでないらしく、
口を閉ざしたままだった。

ずっとあとになって、白人のグループの数人と彼らとのあいだに
いくぶんの信頼関係が生じてから、はじめてひとりが答えをあかした。
「はじめの歩みが速すぎたのでね」という答えだった。

「わたしらの魂(ゼーレ)があとから追いつくのを待っておらねばなりませんでした」

この答えについて、私はよく考えこむことがあります。

工業化社会の文明人である私たちは、未開民族の彼らインディアンから、
学ぶべきところまことに大きいのではないでしょうか。私たちは、
外的な時間計画“日程をとどこおりなくこなしていきます。が、
内的時間、魂の時間にたいする繊細な感情を、とっくに殺してしまいました。

私たちの個々人にはもはや逃げ道がありません。
ひとりで枠をはずれるわけにいきませんから。

私たち自身がつくってしまったシステムは、容赦なき競争と殺人的な
業績強制の経済原理です。これをともにしないものは落伍(らくご)します。

昨日新しかったことが、今日はもう古いとされる。先を走る者を、
はあはあ舌を出しながら追いかける。すでに狂気と化した輪舞なのです。

だれかがスピードを増せば、ほかのみんなも速くなるしかない。
この現象を進歩と名づける私たちです。が、あわただしく走り続ける私たちは、
はたしていかなる源から遠ざがりゆくのでしよう?私たちの魂からですって?

そう、私たちの魂は、もうはるか以前に路上に置き捨てられました。
それにしても魂を捨て子にしたことで、肉体が病んでいきます。
だから病院や神経治療施設は、ひとびとであふれています。

魂不在の世界 これが私たちの走りゆく目的地だったのでしょうか? 

もうほんとうに不可能でしょうか、私たち全員が狂気の輪舞をいっせいに
中止して、おたがいに車座になって大地に座る、そして無言で待つ、ということは?

もうひとつの「答え」のことは、文化人類学者の友人から最近聞いたばかりです。
これもひとりのインディアン女性の口から出ています。 


その友人が旅先で出かけた山の頂上にインディアンの村があった。
その地方一体には水源がたった一カ所にしかなくて、それは山のふもとの
井戸だった。村の女たちは、毎日半時間の坂道をおり、帰りは重い水がめを
肩にして一時間、山をのぼっていく。

友人は、女たちのひとりにたずねた。
「いっそ村ごと、ふもとの水源近くに移したほうが賢明ではないかね」 

女の答えはこうだった。「賢明、かもしれませんね。でも、そうしたら
私たちは、快適さという誘惑に負けることになると思います。」


私たち文明人には、この答えはさきほどの答え以上にいぶかしく聞こえる
のではないでしょうか?快適であることが、なぜ誘惑と呼ばれるのか?

私たちが手にした洗濯機、自動車、エレベーター、飛行機、電話、ベルトコンベヤー、
ロボット、コピューター、要するにおよそ現代社会を構成するすべてのものは、
快適な生活のためにつくられたはずです。それとも?

これらのモノは、暮らしをらくにします。骨の折れる仕事から私たちを解放し、
もっと本質的なことのために時間をめぐんでくれる。そうではなかったでしようか、
私たちを解放するんでしょう?

そうです、確かに-。ただ、何から解放するのでしょう?

ひょっとして、まさに本質的なことから?
だとしたら、いったいどうなっているんでしょう?

私には、あの奇妙な言葉を口にしたインディアン女のほうが、本当は
この私たちのだれよりも、ずっとはるかに解放されて自由なのだ。
という思いがつきまとって離れません。 

聖書にも、これに似たふしぎな言葉があります。「人は、たとえ全世界を
手に人れても、自分の魂(ゼーレ)を失ったら、何の益があろうか。(マタイ伝16・26)」

何、言ってる、魂がどうのこうのだって!
そんなもの、我々はどこかの路上にとっくに置き忘れてきたよ。
未来の世の中は徹底的に快適で、完全に本質不在の世界になってるさ。

あなたはそう思いませんか?ま、新年に乾杯!
[PR]

by okimaki | 2009-01-16 08:07 | スピリチュアリティー

電車で出会ったスケベおじぃ

City行きの電車で、二人席にゆったり座って本を読んでいたら、
スカスカの車両だっていうのに、そのおじぃは隣に座ってきた。
暑い日なのに背広で、なんちゃってイタリアンマフィア系。

そして、タバコで痛めたんだろうか、喉をゴホゴホさせながら
私が読んでる本を見て「Are you Chinese?」と話しかけてきた。

下心丸出しエネルギーの奥には、寂しい気持ちもあるんだろね。

アジア系の女の子が好きなおじさんに時々変なモーションかけられる。
I am a womanなんだけどさ。

まだ、それを引きつけるようなエネルギーを私は発してるんかな?

案の定イタリア人だと言うそのおじぃにサッカーの話題とか、
「ヘディングシュートー!!」とか言って、できるだけ
ボーイッシュに話をもってって、笑ってチャオって降りた。

そんな事があると。。あぁもっと中性的になりたいって思うね。

その話を、実際に坊主にしておっちゃんキャラを演じてた
Iちゃんにボヤいたら「演じるのもきついでー」と一言。笑。
そんな彼女は最近女を磨いてるし。。

そっか、それも自分じゃないから疲れるよな。。

どうしたらいいんかな????

女でハッピーなんだけど、性を越えて普通に話したいし。。
純粋なのがいいんだけど、それを弱さにはしたくないし。。

[PR]

by okimaki | 2009-01-15 16:09 |