さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


もあい。

~もあい~は夜な夜な沖縄の街に出現。
~もあい~を一目見ようと、みんなが集まる。
~もあい~はあっちこっちで色々な形態をなす。
~もあい~は信頼とゆい(結)の精神で生き延びる。

さてこれ何でしょうか?

答えは・・

少人数のグループでお金を出し合い、
必要な人に、順番でお金をあげるシステム。

一月に一回、3ヶ月に一回、半年に一回と期間もまちまち。

金額も千円、1万円、3万円、10万円とグループによりけり。

グループも同級生だったり、同僚だったり、親戚だったり。

~もあい~を理由に、飲み会を増やしたいだけとかってのもあり。^^

基本的に、信頼をベースに成り立つシステム。

c0176193_16404328.jpg

話は飛んで、Alternative Co-op Townマレーニーへ行ったとき。

マレーニーの協同組合銀行「クレジットユニオン」について
ゆかりさんに説明してもらって、とてもビックリした。

銀行までもが共同組合できるんだと!

「クレジットユニオン」の運営によってうまれる利益は、
企業トップやシェアーホルダーに集中するのではなく、
バランスよく地域に還元される。

利子なども地域の人には優しいシステム。

「クレジットユニオン」 とまではいかないけど、
「もあい」もある意味、協同組合。
[PR]

by okimaki | 2009-02-28 16:43 | コミュニティー

危険な町?フッツクレイの魅力

メルボルンで一番好きな町は・・・フッツクレイ!!

ドラッグディーラー、ジャンキー、マフィア No problem!
彼らを差し引いても有り余るほどのCommunity Spiritが心地いい

この看板(下)がある角はどこでしょう?フフフ。
c0176193_12503492.jpg

ベトナム人やアフリカ人が多いフッツクレイでは、英語が第3?4?言語。
お祭り行っても、マーケットに行っても、道端を歩いてても、
みんな知り合い、みゃんみゃん声で井戸端会議。

誰かが食材を調達したら、誰かがご飯を作る。
誰かが仕事を失ったら、誰かがお世話し。
誰かがケンカしたら、誰かが仲介にでる。
誰かが儲かったら、みんなに振舞う。
誰かが困ったら、みんなで助ける。

アルゼンチン人の皮を被ったベトナム人、Dのおかげで、
私もベトナミーズ・コミュニティーに大接近の今日この頃。

c0176193_12523852.jpg

「今日はアバロニ(あわび)収穫*してきたから、
コンジー(具入りおかゆみたいなの)にするよ~」っと、
テニスの後は、クラブハウスにてみんなで夕飯。幸。

c0176193_12513797.jpg

ここには、ゴーヤーナーベーラーも、モアイみたいなものさえ存在する。^^

*アバロニの収穫には、時期、個数、サイズの制限があります。*ここでチェック*
とり過ぎないように、自然の恵みに感謝して食べようね。

[PR]

by okimaki | 2009-02-27 21:47 | コミュニティー

怠け vs ゆっくり

c0176193_11335142.jpg

フルタイムで仕事や学校に通わなくなったとき。。

「あー私はなんて怠け者なんだぁ」と自分を責めてみた。
子どものころから走ってきた線路を外れ、戻って
これんかったらどうしよう。。という怖さもあった。

ところがドッコイ。。

あの列車から飛び降りてよかった~。^^
自分の足でペタペタ歩くって気持ちいい。
気がついたら、不安はなくなってた。free感。

<怠ける>ことと、<ゆっくり>することは違うんだね。

怠けていると、毎日が「I'm bored~つまんな~い」だけど、
ゆっくりするとさー日々の何気ないことでも心が満たされる。

<焦り>からくる達成は、私を<もっともっと>と思わせてた。

人生ってさ、何をどれだけ達成するかじゃなく、
達成するときの<心のあり方>なんだろね。

究極的には人生って。。

印象付ける人は誰もいなくって。。there is no one to impress
成し遂げるべきことは何もなくって。。nothing to achieve
ただ毎日生きていければいいのかも。。I just wanna live my life.

* これは、本来ゆっくり者の巳年の<つぶやき>でした。
ダイナミックに生きる星の下に生まれた方には当てはまりませぬ。^^

[PR]

by okimaki | 2009-02-26 11:35 |

お祭りでお宝みっけ

Sustainable Living Festival(SLF)は10年前に、
Daylesfordという、Alternativeないなか町で始まった。

c0176193_2034765.jpg

多くの人の関心を得て、現在はCityのど真ん中で開催。

c0176193_204953.jpg

Look Look 街中でグループハグ!
やっぱりSLFの基礎となったCommunity Spiritは未だ健在。^^ 

今回は主に、食べ物関係のトークに参加。。試食もあって最高!
c0176193_20558.jpg

1.Bush Foods オーストラリアの土地に根ざした食べ物のお話。
2.Conscious Cooking 意識を拡大してお料理をすることのお話。
3.Grow it where you live コミュニティーガーデンのお話。
4.Don't trade lives フェアトレードのお話。奴隷化される子どもたち。

c0176193_2062429.jpg

このテントに惹かれて。。ランチはこちらのお店から。

c0176193_2071279.jpg

もしもしちゃんはポテトロティ(?)  

c0176193_2073765.jpg

私はフェラフルを。。
地元産でオーガニックの材料を使用。

c0176193_2081761.jpg

<人力ジューサー>はいつも大人気。

c0176193_2084580.jpg

食べたあとは、<ウォッシュ・コーナー>にて、
ボランティアの方々がお皿を洗ってくれます。。ありがとうね。

仕方なく出た生ゴミや紙、土に戻るものは全て集められ、
コンポスト化
。3日間で一トンぐらいの量になるそう。

c0176193_2093063.jpg

そして、食べたものは出しましょう~ということで、いざ、おトイレへ!
水なし<コンポスト・トイレ>には使用後にカップのおがくずを。

もちろんタスマニアの森じゃなく、再生紙トイレットペーパーで
拭き拭き。集められたお宝は、6ヶ月ぐらいで肥料になるそう。
[PR]

by okimaki | 2009-02-25 20:25 | サステナビリティー

とり年女性のスキのなさ

酉年女性はパッと見、スキがない人が多い (8割がた)。

例えば・・ 小野洋子さん (酉年・水瓶座1933.2.18)
       黒柳徹子さん (酉年・獅子座1933.8.9)
       Beyoncéさん (酉年・乙女座1981.9.4)

c0176193_1237476.jpg

「かっこ悪いのは許しませんよ= コケコッコー」という感じです。

初対面では、わざとスキを見せないようにしている?
外見を固めて、ソフトな中身をカバー?

実はその美しい羽より、内面が更に面白い方々です。

酉年さんの多くは・・

* 偽りを見抜き、人や物を見る目がある (8割がた)。
* 思いと言葉と行動が一致する人、人道主義 (7割がた)。
* 認めた人に対しては、とことんサポート (7割がた)。
* 周囲に何を言われようが、わが道を行く (8.5割がた)。

こんな小さい酉年さんよく見かけます・・

* Ants Pants (蟻がパンツの中にいるかのように、落ち着きがない子)
* 「窓際のトットちゃん*」みたいな、ちょっと変な子 (いい意味で)
* 誤解されやすい子・・く分からない、ちょっと難しい子。
* 所定の場所に所定のものを置きたがる子 (やけに記憶力がいい)
* 観察力があって、細かいことにも敏感に反応する子 (不眠症?)
* Attention Dialed into Higher Demention=ADHD* ^^

経験を積んだ酉年さんの中には、言葉遣いや言い方を学び、
まる~く真実を語れるようになる方もいます。

でも、若い頃は、言葉の剣をビシバシ振りかざしていたり。

そのスパッとした切れ口を、「豪快で気持ちがいい」と
受け取る人もいれば、反感を買うことも多々あるようです。

良くも悪くも、酉年生まれの特徴のひとつでした。

*ADHD (Attention Deficit with Hyperactivity Disorder) or
ADD (Attention Deficit Disorder)と診断される子どもたち。
本当は集中力がないのではなく、何倍もの情報や感覚が一度に
降りてくるから、落ち着きがなく見えたり、話を聞いていないように
見えたりするらしい。

*「窓際のトットちゃん」黒柳徹子さんの幼少時代を書いた本。

*1月、2月生まれの方はどの十二支なのか*ここでチェック*

[PR]

by okimaki | 2009-02-23 13:11 | 占い

ヒノエウマの言い伝え

c0176193_2125398.jpg

ヒノエウマ(丙午)には、出生率が下がる。
ヒノエウマの女性は男性を食い殺す・・あいえなぁ(驚)。

ヒノエウマ・・逆から読んだら・・真上の火?!

午年の固定エレメントは <火>。 1966年のエレメントも <火>。
1942年は<水>。1954年は<木>。1978年は<地>。1990年は<金>。

つまり、ダブルファイヤーの丙午は、とても活発。

だからといって、丙午の奥様方、
どんなにお腹が空いても旦那様を食べることは決してありません。笑

もともと懐のでかい午年さんは、面倒見がいい。
特に、子どもや旦那様に対して、できることは全てやってあげたいようです

私が知っている午年の奥様方の多くは、平均的なお母さんの2倍以上、
家族の身の回りのことをこなしつつm更に、お仕事と両立している方も多い。

働き者の丑年がコツコツ系だったら、午年の働きぶりはダイナミック。

畑をゆっくり耕す牛さんと・・
警察馬として、馬車として、カウボーイ馬として、農場で駆け回る馬さん、
その違いを比べてみると分かりやすいかと。

確かに、野生の馬は、荒く、激しく、反抗的で人の言うこと聞かない。
でも、所属感を得ると、その忠誠心は強い。Domesticatibleとでもいうか?

「おとなしい女性が家庭には理想的」という見方が、
ヒノエウマを「手に負えない」と思わせたのかと<。/b>

そういう習慣と関係するのかどうかは分かりませんが、
生涯独身の女性は他の十二支生まれに比べ確実多いです。

ただし、男性に比べ依存的女性が多い中で、
自由を好む午年の女性は、基本的に一人でもで幸せ。


* もともと、子、丑、寅、卯・・・と動物は関係なく、
後年、分かりやすいようにと、中国で動物が当てはめられ、
最も習性が似ている動物が選ばれたということなのです。

[PR]

by okimaki | 2009-02-22 21:19 | 占い

言霊と波動

「言葉には霊的な力がある」という昔からの言い伝え。

「バカやろう」に込められた、破壊のエネルギーは
ハートにグサッって刺さります・・めっちゃ痛いです(><)

逆に、「ありがとう」に込められた波動には、
こんなキレイな結晶を作りだすパワーが・・わおぉ。。

c0176193_1715624.jpg

*江本 勝著「水からの伝言」より

この本はスピリチュアルに関心がある
世界中の人たちに大人気だそう。
「ハドウ」が「ワサァビィ」(ワサビだって)
と同じぐらい世界共通語になる日も近い?!


例え、感じられなくっても
実際に目で見ると、分かるのかも。

まだ、はっきりと証明されたわけではないのですが、
「神秘」と「科学」がつながっていってるようで・・わくわくします。
[PR]

by okimaki | 2009-02-21 17:25 | スピリチュアリティー

合同スピリチュアルお茶会

Port Melbourneのスピ会 <ワキアイアイ会> と初ご対面。祝。

海風にソヨソヨ吹かれ。。海沿いを現地へ向かいゆっくり歩いてると。。
自然素材コレクターのもしもしちゃんは大きなヤシの葉でできた
かわいいホウキのような落ち葉を発見。。大喜。。
それを片手に、いざ!おじゃましまーす。

そしたら。。

ワキアイアイ組、「いらっしゃーい」で、出鼻からパワー炸裂!
葵さん、先に忠告して下さいよー。危険。バク笑。
ホウキを逆さに立てて、いつでも逃げれるようにと。。違うか?!

でも、ランチの手巻き寿司食べたいから。。いることに。。^^

まず、ブッシュファイヤーによって被害にあわれた方々への
祈りと遠隔レイキを10分間ほど集中して行い、涙がツー。

円になって、お互いのレイキを感じる、レイキ回しも
久しぶりにやってみた。。円の中心に入っても面白い。

また、他のヒーリングエネルギーについてのお話やOneness、
Lightworker、Indigo Children、Crystal Children、
Rainbow Childrenなどなど、いろんな話をして、省略中。

待ってました、ランチターイム!!

手巻き寿司なんて久しぶりー。
今回の主催者(ボス)Cちゃんが土鍋で炊いたご飯、手作りのお漬物、
葵さんが持ってきてくれた特製のり、みんなが持ち寄ってくれた
数々のYummy Bitsを、巻き巻き巻き。おいしーー。ハッピー。

ランチの後は、白い壁の前に一人ずつ立って、それぞれのオーラを
見てみたり。。色として見える人もいれば、感じる人もいるし、
なんとなく分かる人もいるらしく。。面白いねー。

葵さんありがとうございました。
Cちゃん&Z君、お邪魔しました。
Yちゃん&Sちゃん&K君もまた近いうちに。

*3月のスピ会は10日か17日(火曜日)の予定です。
[PR]

by okimaki | 2009-02-20 15:34 | スピリチュアリティー

バレバレ。。

インサイトをどんどん得て、エネルギーに敏感になると
お互いの気持ちもエネルギーレベルで感じるそう。。

例え、言葉や表情で、本心を隠したとしても、
エネルギーレベルでは伝わるらしい。。

踊る、歌う、書く、奏でる、創る、などにも、
その中に込められたエネルギーがあって、

心がこもっているとか、上辺だけとか、
エゴとか、幸せとか、悲しみとか、愛とか、
分かる人には分かるみたい。。

だから、みんなの精神性が上がるにつれて、
オープンコミュニケーションの時代がやってくる。。
そんなことが、「聖なる予言」にも書かれてたなぁ。

「そんなん分かるの当たり前やん」というツッコミが
敏感組から聞こえてきそうななんだけど。。

鈍感鈍組なんで、正直、以前にこれを読んだときは、
「ぬーいっとうがー(何言ってるんだー)」と思った。

でも、最近なんとなく意味が分かってきた。。

ということは、これを書いている私の気持ちや動機も
読む人が読んだらわかるってことさーね。。ありゃ。


今年の目標。。「率直さ」。。かんぴります<サイソイ語。
[PR]

by okimaki | 2009-02-19 18:48 | スピリチュアリティー

Save the Earth はお門違い

遊びほうけてた大学時代。。

講義の合間に海へ行って、夜遊びして、
踊って、お酒飲んで、バイトして。。

せこーく単位は落とさないように勉強して、
命もまぁ落とさない程度にハメをはずし、

お母さんには何度も叱られ、呆れられ、
「えー見てみーあんたの学籍番号よー
。。961818。。くろういやいや。。」(一本!笑)。

専門で勉強したことほとんど覚えてなーい。
教育関係の話はなんとなーく覚えてる。

で、一番心に残った話は。。

専門外で総合科目として1年次に受講した、
高校地学の延長みたいな講義。

「地球を救え!というスローガンは間違ってます」
で始まったその講義。講師の方の名前も講義名も忘れたけど、

その内容は。。地球という星は、誕生してから現在までに、
隕石が落ちてきたり、大気がなかったり、氷河期が何度もきたり、
様々な形態があって、それでも地球は地球でありつづけた。。

人間によって、森が壊され、海が汚れ、砂漠が広がっても
地球は生き延びる。でも、人間は生きていけない。だから、
<地球を救え>じゃなくって本当は<人類を救え>なんだよ。。


c0176193_22451090.jpg

話は現在に戻り。。

タスマニアの森を、屋久島の森と同様に愛しちゃったhirohiraちゃん。
彼女の 「タスマニアの森」ブログを読んでたら(下:抜粋)、
その講義と重なり、いてもたってもいられなくなった。

「森と関わって、数年。
人は、自然の一部なんだって、身をもって感じた。

タスマニアで起っている森林伐採は、
巡り巡れば、自らを傷つけているも同じ行為。

私たち人間は、森や自然に生かされている存在である
ということを今一度確認する時期なんだと思う。

だから、私は森を守りたいと思う。
私自身を守りたいと思う
。」

*『週刊現代』09年2月21日号にタスマニア森林伐採の記事が掲載。
世界遺産の島・タスマニアでは、すばらしい原生林が伐採されて
製紙用の木材チップになっています。そして、そのほとんどを
日本の製紙会社が購入し、日本で紙として消費されている。
hirohiraちゃんの写真も掲載されているそう。

[PR]

by okimaki | 2009-02-17 07:07 | サステナビリティー