さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


義務感 or 責任感

今日は曇りのち雨。

曇っている間は うーーーっとなっていたんだけど、

雨がふり始めたとたん すーーーーっとなった~。


気が向いたので、久々に、似ているようで 違うことシリーズ

今回は 「義務感」と「責任感」。どんどん。


どちらも コミットメントを要することに 変わりはないのだけど、

「義務感」が 私達を 弱くするのに 対して、「責任感」は 私達を 強くする。

「義務感」を 背負って 生きていると、自分自身が 押しつぶされそうに 感じる。


大抵の人は 「義務感」を「責任感」だ と思い込んで、必死に 生きている。


その「義務感」を まずは 思いっきり 手放して、裸になった 自分で歩く。

準備が できたところで、担げる分だけ、少しずつ「責任感」を 受け入れる。

それは 徐々に、徐々に、私達の足腰を鍛え、たくましくしてくれる。



「ぬ~いっとが~(何言っているんだか)」

・・と親に渇を入れられそうな自由奔放・責任感0のokimakiでした><
[PR]

by okimaki | 2010-10-30 15:46 | スピリチュアリティー

Do what it takes to quiet your mind..

ある朝、まだ頭も心もシーンとした状態で、あることを聞いたとき、
その言葉の重要性や意味を、クリアーに理解できたことがあった。

それは、静かな湖面に小さな石がポチャーンと落ちた感じで・・
どこかで聞いたそんな比喩を、初めて理解できた瞬間だった。

逆に、ザワザワとした水面だと、
たとえ大きな石が落ちても気づけないのだと思う。

きっと、ごちゃごちゃと考えごとをしているとき、
感情が波打っているときが、そういう状態なのだと思う。


でも、考えすぎることは昔からの私のクセで・・
「巳年生まれだから仕方がない」と避けてきましたが、
だんだんそうも言ってられないなぁと思う今日この頃。

c0176193_2122103.jpg

先日、ダンデノン山へ行き、立ち寄ったお店でひいた
おみくじ(?)にも、こんなことが書いてあった。

「Do what it takes to quiet your mind...」
「必要な手段をとり、マインドを静かにせよ」

そこで、とりあえず色々試していて効果があったことは・・

*歌う
*ヨガ
*やっぱ瞑想
*チャンティング
*汗をかいている間
*考えそうになったら・・
「ガオー」とか「ウッキャッキャ」とか奇声を発する


何か他にシンプルな方法ありませんか?
[PR]

by okimaki | 2010-10-27 21:15 | スピリチュアリティー

冷蔵庫が一サイズ小さいものになりました

ハウスメイトの協力も得て、まだ試験的ですが・・
必要な分だけ買ってくるように意識したり、
涼しい保管場所を利用してみたり、
小さめの瓶に詰め替えてみたり、
冷凍品を買うのを控えたり。

スペースが小さくなったら小さくなったで
どうにかなるもので、逆に無駄が少なくなり、
「こんなに必要のないものが?!」と驚き。


あと、引き出し式の小さい冷凍庫を一個買いました。
温度調整器を取り付けることによって、電球一個分の電力で
これを「冷蔵庫」として使える方法があるそうです(Dの挑戦;)。

冷蔵庫は、家庭内消費電力の約16%を占めるので、
電球(約8%)を替えるのと同じように、
もっと皆の意識が向いてゆくのではと思います。



同じように、日常的に使っているもので、
「これ、こんなにいらないでしょう」というもの。

例えば、歯磨き粉
CMのようにいっぱいつける必要なんてないない。

そして、バスタオル
ハウスメイトのTちゃん曰く・・
「日本人なら手ぬぐいタオルでしょ!」だって。笑


日々、いかにコンパクトに・・いかに無駄なく・・だね。
[PR]

by okimaki | 2010-10-21 14:09 | サステナビリティー

畑からお買い物

毎週末ごとに色々な地域で行われるファーマーズマーケットでは、
お野菜、果物、生鮮品を生産者の方から直接買うことができ、
新鮮さはもちろん、お買い物自体が楽しい場所です:)


先日、そんなファーマーズマーケットよりも、
さらにフレッシュで、楽しいお買い物をしてきました。


それは、毎週木曜日(1-4時)のみオープンされる、
スプラウトコミュニティーガーデン です。

Thornbury駅のすぐ側にあるこのガーデンでは、
畑に生えたお野菜をその場で収穫して売ってくれます。

c0176193_1351326.jpg

種類はまだ少なく、質も自分で選別しなければいけないのですが、
収穫する際のわくわく感や、その場の空気すべて持って帰れます。

c0176193_13513095.jpg

それ以外にも、ガーデン参加者が作ったソースやマリネ、
各種苗もお手頃なお値段($2,5)で販売していました:)

Sprout Community Garden
40 Clapham St, Thornbury

c0176193_147977.jpg
[PR]

by okimaki | 2010-10-20 13:53 | サステナビリティー

瞑想の機会

今月に入り、日常ではあまり味わえない瞑想の機会がありました。

ひとつは、チベットのお坊さん(gyuto monks)が唱えるお経を間近で聞く機会。

6人のお坊さんののどから発せられる、ふといお経と共に
「チリーン」となる鈴の音や、クルンと回す手の動き、
少々コンサート化されたチャンティングのせいか、
前半はあまり何も感じられなかったんだけど、
後半は気持ちよく入っていけました:)

チャンティングはこんな感じです (You Tube)。

c0176193_13172227.jpg


そして2010年10月10日の日は、クリスタルボールと共に瞑想。

ハーモニアスギャザリングという集まりで、120人ぐらい
参加していたかと思います。(Aさん&Yちゃんも;)

楽しく合唱したかと思うと、突然皆ゴロンと横になりだして、
「何が起こったんだ」ときょろきょろ、リラックスした状態で
クリスタルの波動に身を任せて、調律していく感じなのかな。

夜10時に終わったこの会(とことん10です;)、
家にたどり着いたのは12時半、oh my goodness。

クリスタルはこんな感じです (You Tube)。
[PR]

by okimaki | 2010-10-19 16:15 | スピリチュアリティー

ポピの予言

c0176193_1349923.jpg

[PR]

by okimaki | 2010-10-16 13:49 | スピリチュアリティー

マイニング

「救出作業が始まったらしいよ」と言われ、
「いったい何の救出???」と思ったら、
地球を半周した先、チリでの事件でした。

チリでマイニングに従事していた33人の方々が、
地下に閉じ込められ、無事救出されたそうです。ホッ。


そこで、マイニングについて・・

オーストラリアは地下資源が豊富な国。それに頼った経済や、
BHPやRio Tintoといったマイニング会社の株も上場です。

そして世界中でも、未だに地下資源を巡って争いが起きたり、
それに頼った生活から、脱皮できない私たちがいる。

でも、この「掘れや使えや」という発想はもう古いと思う。

地球という生命体が、年千年、何億年という時をかけて
地球の体内に生み出したその要素を掘りおこす行為は、

地上に生える樹齢数百年、数千年の木を伐採する以上に
多面的な考慮と、深い尊厳が必要な行為だと言われている。



10年前にオーストラリアに来て、初めて「NOマイニング」
という発想を聞いたとき、「えっ?」と思った。

それは「NOインターナショナライゼーション」と同じくらい、
私の中で、ビックリ&価値の大逆転が起きた一言だったな。

「今」って、色々な意味で発想の転換が必要なときで、
メキシコ湾でのオイル事件も、チリでの今回の事件も、
他人事ではなく、これからの地球を考えるきっかけに。

[PR]

by okimaki | 2010-10-14 14:22 | サステナビリティー

くりーんぐりーん

私の実家、Dの実家と、去年ソーラーパネルを設置しました。
我が家はとりあえず、グリーンエナジーを電力会社から購入中。


「グリーンエナジーって何?」という方のために;)
c0176193_17382728.jpg


グリーンエナジーとは、太陽光発電、風力発電などに代表される
再生可能なエネルギー (Renewable Energy) のことです。

その反対が、火力発電、原子力発電など、石炭・石油・ガス
ウラニアムといった、限りある地下資源を利用する方法。

オーストラリアにはウラニアムがあり、輸出もしていますが、
原子力発電所は1基もありません。(日本55基)

また、電力を購入する際、グリーンエナジーか火力発電かを、
消費者が選べるようなシステムになっています。


そしてこんな集会(下)が色々な所で、色々な形で行われます。

「グリーンエナジーを推進するよう政府に訴えかける集会」
終了間際に間に合った=。

ソーラーパネルを象徴するように、カガミやアルミを持参;)
c0176193_17391350.jpg


赤毛の労働党党首さん(現・首相)、水泳帽の自由党党首さん
よろしく頼みますよ=。
c0176193_17394171.jpg

[PR]

by okimaki | 2010-10-08 17:42 | サステナビリティー

i miss okinawa

今年は帰らないと決めたものの、

この時期になるとやっぱり恋しい。

来年はまとめて帰って、地元の祭ごとに参加する。

ただ見るんじゃなくって、しっかりと参加させてほしい。

だから早めに行って、踊りを習ったりや祈りや準備の手伝いをする。


世界中の土地や文化に、それぞれの「つながり方」あって、

そのつながりを、より強く感じることができる、儀式がある。


それは一日に一度であったり、一年に一度であったり、

数年に一度であったり、一生に一度であったり。

このつながる瞬間があるから、迷いなく進める。


毎朝、ひぬかん(火の神)と祖先にうーとーと。

毎年、お盆祭とエイサーでご先祖さまにうーとーと。

数年毎に、豊年祭や海人祭で自然神にうーとーと。

一生に一度、出産や死の儀式で自分自身にうーとーと。

うーとーとーうーとーと(祈り)。
[PR]

by okimaki | 2010-10-02 17:07 |