さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


Anastasia

「Anastasia」と言うシベリアの森に住む、女性の話を読んだ。

彼女に遭遇した著者であるVladimir Megreさんの実体験
をもとに書かれたとされ、自費出版後、ベストセラーになっている。
c0176193_14445486.jpg


James Redfieldさんが書かれた「The Celestine Prophecy
(聖なる予言)」
同様、所謂NewAge系で、自費出版後、ベストセラー。
c0176193_14451251.jpg


どちらも冒険物語風に書かれ、分かりやすく一気に読める。

内容的には、人間の可能性を取り扱っていて、
古代の知恵や自然回帰などにも触れられている。

現在の常識(非常識?)から考えると、「ゆくしあんに~
(嘘じゃない?)」という部分もたくさんあって、それが面白い。

例えば、リスが木の実を運んできてくれたり、
シベリアの森の中で、そんな薄着で大丈夫?とか。笑

Anastasiaの暮らしが本当ならば、
「人間が自然に生かしてもらっている」という事実の極み。

また、私達の自然な姿や、本来持つ力なのかと思う。


そこで、気がついたのが・・著者の生年月日。

Vladimir Megreさんは (寅年・蟹座 1950/7/23)
James Redfieldさんは (寅年・魚座 1950/3/19)


読んでいる途中から、書風が似ているなぁと感じてたのですが、
寅年の持つ実行力と冒険家的な資質が、文章にも表れている。

生まれ月も、Vladimir Megreさんが蟹座(水)と獅子座(火)の狭間で、
James Redfieldさんは魚座(水)の最後で、牡羊座(火)に近い生まれ。
水の繊細さや想像力、深みある思考が、火によって押し出される感じ。

同じように、本だけではなく、スピーチや、歌を聞いたり、
画風を見たりしながら、この方は何年何座だろう?と
いつの間にか想像していることがよくあります。

でも「占い」は単なる当てっこじゃないので、
その「分かること」をどう活かすのかが肝心ですね。ハイ。
[PR]

by okimaki | 2011-07-27 13:08 | スピリチュアリティー

上映会のお話

まずは、100人程の方が参加された
「ミツバチの羽音と地球の回転」から。

映画を見て、心に残ったこと。

* 祝島のおばあちゃん達の笑顔。
* 4年に一度?祝島のお祭り。
* 皆で建てる仮設やぐら。
* 船上で踊るたかしさん。
* 「そりゃ変えなきゃ」。


初対面で「カマと呼んでね~」とおっしゃった鎌仲ひとみ監督は、
とてもオープンで、率直で、かっこいい方でした。ありがと~カマさん。

上映後に、ごはんのキャベツ包み煮を食べながら、
「なぜ、祝島は建設を止めることができたのか?」を聞いてみた。

「島という土地柄、万が一放射能が漏れたら行くところがない
という危険性、島を離れなければならない可能性が
島人を動かしたのでは」
と、カマさん。

言い換えれば、「島の暮らしをそれほど愛している」のかな。

これは祝島だけじゃなく、島国日本にも言えることで、
もっと大きく言ったら地球という星にも言えることで、
暮らしというのは、土地と元に存在するのだから、

地球に住めなくなったら、私は嫌だ=。

火星だって、月だって、冥王星だって、
住めば都かもしれないけど・・

I LOVE THIS EARTH!!!


おっと飛んでしまった・・戻そう・・つまり・・

日本が元気になるには、
やっぱり祭りがいいような気がする。

祭りを通して、感謝を捧げると共に、
祭りを通して、地域の絆を深める。


出店があって、おもちゃが売られて
ポップミュージックが鳴り響くような
祭りは、オリオンビール祭りでOK。

そうじゃなくて、元々の意味を思い出すようなお祭り。
感謝と共に、唄や踊りを祖先や神々に捧げる祭り。
その土地、その土地に根ざしたお祭り。

祭りの準備中には、上手くいかないこともあれば
誤解もあり、仲たがいもあれば、仲直りもあると思う。

でも祭りのクライマックスを経験すれば、
きっと皆、元気になる。


あれ?二段飛び?
[PR]

by okimaki | 2011-07-27 12:13 | 平和

こんなことブログで・・

家のおばあは95歳。

長女叔母さんの家へ泊った日に、
切った爪を普段通り庭へ捨てたら、叔母さんに怒られた。

おそらく、ブラシに付いた髪などは、
庭の片隅にある堆肥場に、生ごみと共に捨てていると思う。

あと、ここでは言えないようなモノも、早朝から庭に撒く。

自然から、色々ともらって動いているこの体、
返せるモノといったら、きっとそんなモノ。

汚いと思っているモノこそ、
本当は身近で貴重なモノ?


c0176193_1723125.jpg


先日、草ぼうぼうになっていた庭の片隅を整えて、
ジャガイモを植えようと、穴を掘っていた時・・

種芋めがけて「ペッ」と唾を吐いた。猫ではなく、私がです。

唾がかかったジャガイモを見るのが嫌で、
すぐに土を被せて、何もなかったかのように振舞った。


この前読んだ、「アナステイシア」のせいだ。

私の唾から、この体に必要なものを察して、
ジャガイモを通して補ってくれるらしい。


本当かどうかは分かりません。

でも、おばあちゃんの行動から考えても
ありえるような気がする。

これを科学的に調べた人はいるのかな?
[PR]

by okimaki | 2011-07-22 16:52 |

レディーガガ 占い

満月夜 食欲旺盛 地に足付けよ?
気がついたら夜の11時にラーメン作ってました。


そんな日は、話題の人で勝手に占い~。

マドンナが、女性の(性?)解放を歌った人なら、
レディーガガは、個性の解放を望んでいるのかなと。


女性 男性

個性 全体性


どっちも同じように大切だけど、
今まで虐げられたものを、解放しようとする時・・
徐々に徐々にバランスを整えてゆく方法もあれば、
逆方向に、グイッと一気に持っていく方法もあるようで:)

例えて言うと、天秤がどっちか一方に傾いてたとしたら、
少しずつ少しずつ、様子を見ながら傾きを整える場合と、
もう一方に重石をボンッと置いて、ショック治療法のような?

つまり、レディーガガは、ユニークさ(個性)を強調することによって、
社会的マイノリティーの解放や「皆それぞれ違ってていい」
というメッセージを伝えたいのだと思った。

彼女の方法は、刺激的であることが前提で、
それで一気に「目からうろこ」の人もいれば、
今までと違った開放感を得る人もいるだろう。

逆に「そんなこと当たり前」と思っている人には、
極端過ぎるパフォーマンスとして見えると思う。


前置きが長くなりましたが・・

レディーガガさんは、1986年3月28日生まれで、
寅(トラ)年・牡羊座・未(ヒツジ)日となります。


寅年生まれには情熱的な方が多いのですが(特に女性)、
1986年は丙(ヒノエ)の寅ということで、更にファイヤー。

牡羊座は、獅子座と射手座と共に、火のグループで、
やっぱり、ここにも刺激好きな 火 の要素が。

面白いなと思ったのが、
生まれた日に個性的な未(ヒツジ)が来たところ。

ちなみに、マドンナさんは、1958年8月16日生まれ、
戌(イヌ)年・獅子座(火)・丑(ウシ)日となります。


ガガさん同様、冒険好きな寅(トラ)・午(ウマ)・戌(イヌ)の
グループ
で、生まれ月も、同じく 火 のグループの獅子座。

ガガさん程ではないですが、火 や 風、陽の要素が強い方。

余談ですが、我が家の乙女座お三方、
レディーガガがTVに出ると、チャンネル変えるの早。
ちなみに、山羊座・牡牛座同様乙女座は、地のグループ。
[PR]

by okimaki | 2011-07-16 12:29 | 占い

時を越える感情

人間ってさ、辛い経験をすると・・

何気ないことにも 「ありがたい」 と思えるようになる。
その一方で、その時の感情を引きずってしまうこともある。

例えば、過去世で餓死してしまった人が、
現世では、日々の食卓に感謝を覚えたり、

あるいは、ひもじかった感覚を引きずって、
必要以上にガツガツと食べてしまったり、

はたまた、食べる物に困っている人たちに、
助けの手を差し伸べたりするのかもしれない。

おそらく人間していたら、大抵の人は、戦争や貧困、
大好きな人との死に別れ、虐待を受けた経験や、
逆に人を傷つけたことなど、色々あったと思う。

問題は、その過去の経験を、今にどう活かすのか。

故郷から離れたここメルボルンから、家族に電話をするTちゃんが
「お母さん大好きやけんね」と言っているのを時々耳にした。

もしかしたら・・彼女は過去に、大切な家族を置いて戦地へ行き、
「大好き」を伝えることなく、帰らぬ人となったのかな?と(妄想;)。

彼女から、家族の大切さを改めて学ばせてもらい、
私も恥ずかしながら「お母さん好きだよ・・」と言ってみたり。笑

そんなTちゃんですが、戦争体験からくるのか(これまた妄想)
時々「焦り」というか、人生に対する「不安感」が見受けられた。
ただ単に、20代の普通の女の子ってことかもね・・笑


感情と言うものは、良くも悪くも時を越えるようで、
過去にも、今にも、未来にも影響する。


まぁ何も、輪廻転生まで引っ張ってこなくても、
生まれてから今まで、誰だって苦しい経験があったと思う。

自分にとって必要のないの感情は、
そのつど処理したいものだが、そうもいかない時もある。

さてさて、どこまでが過去の感情でどこからが今なのか?
[PR]

by okimaki | 2011-07-13 10:38 | スピリチュアリティー

「100000年後の安全」

寒い冬は、ドキュメンタリー映画を見るに限る?!
ということで・・ もういっちょ・・JfP上映会のご案内。

「100000年後の安全」(英語/日本語字幕つき)

c0176193_0155519.jpg


日時: 2011年7月21日(木)午後7時会場・7時半上映開始

場所: Classic Cinema Elsternwick (駅のすぐ側)
    9 Gordon Street, Elsternwick, Melbourne

チケット: $15

協賛:地球の友、核廃絶国際キャンペーン(ICAN)および戦争防止医療者協会

公式サイト: http://www.uplink.co.jp/100000/

予告編: youtubeはこちらから

あらすじ:

 毎日、世界中のいたるところで原子力発電所から出される大量の高レベル放射性廃棄物が暫定的な集積所に蓄えられている。その集積所は自然災害、人災、および社会的変化の影響を受けやすいため、地層処分という方法が発案された。

 フィンランドのオルキルオトでは世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場の建設が決定し、固い岩を削って作られる地下都市のようなその巨大システムは、10万年間保持されるように設計されるという。

 廃棄物が一定量に達すると施設は封鎖され、二度と開けられることはない。しかし、誰がそれを保障できるだろうか。10万年後、そこに暮らす人々 に、危険性を確実に警告できる方法はあるだろうか。彼らはそれを私たちの時代の遺跡や墓、宝物が隠されている場所だと思うかもしれない。そもそも、未来の 彼らは私たちの言語や記号を理解するのだろうか。

圧倒的な映像美!コンセプチュアル・アーティスト、マイケル・マドセン監督作品。

 コンセプチュアル・アーティストとしても活動する監督のマイケル・マドセン自らが、既に建設が進行中の施設に潜入し、このプロジェクトの実行を決定した専門家たちに、未来の子孫の安全性について問いかける。

 圧倒的な映像美はまるでSF映画のように、荒廃し人類が去った後の地球、機械だけが永遠に動き続ける地球の姿を映しているようだ。

2010年 パリ国際環境映画祭グランプリ
2010年 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 
       最優秀グリーン・ドキュメンタリー賞受賞
2010年 コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭 有望監督賞受賞
[PR]

by okimaki | 2011-07-02 00:00 | 平和

「ミツバチの羽音と地球の回転」メルボルン緊急上映

何がどうなって、どうつながったら、
こんな風になったのかよく分かりませんが??

JfP主催、「ミツバチの羽音と地球の回転」自主上映会決定 (英語字幕)。
c0176193_19542864.jpg


メルボルンに一瞬立ち寄る鎌仲ひとみ監督が、
会場にいらっしゃって、質疑応答も行う予定です。


会場は、2007年に同監督の映画「六ヶ所村ラプソディー」
を上映された、歴史あるTrades Hallです。
暖かくしていらして下さい。

c0176193_1958529.jpg

そして、緊急上映会ということもあり、
入場料はドネーションという形になりました。

c0176193_206018.jpg

未来のエネルギーをどうするのか?
祝島とスウェーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の物語。

日時: 2011年7月20日(水曜日)
   午後7:00 から午後9:30まで
(監督へのQ&Aも含まれます)

場所: New Council Chambers, Trades Hall
54 Victoria St, Carlton (cnr of Victoria & Lygon Sts)

入場: 寄付

予告編: http://888earth.net/888tv.html

お問い合わせ先: http://jfp.org.au/  Email: info@jfp.org.au
[PR]

by okimaki | 2011-07-01 13:42 | サステナビリティー