さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


今年初めての海草採り 

はじめての 海草採りから早2年

前よりも本格化してきた (?) T家の一日。
c0176193_2047353.jpg


手際よく洗い、切ってゆくD。
c0176193_20472918.jpg


その横で、早速煮詰めに入るDママ。
c0176193_20474650.jpg


冷凍用に、小袋に分けてゆくDパパ。
c0176193_204869.jpg


のん気に写真を撮っている小悪魔嫁。ニヤ



こういう作業は皆でやると楽しいね。


今回は分ける程あったので
何人かの方におすそ分け。

いやがる方

よろこぶ方

ハテナ顔の方

恐る恐る手にする方


今のところ、煮たり、ペースト状にしたり
ダシに使ったりという具合ですが・・

市販の海草よりもクセがあるので、
おいしい食べ方発見した方ご一報ください。

一日お出かけのときは持って行けませんが
半日ぐらいであれば、持って行けますので。

できれば乾燥させて、保存したいなぁ。
[PR]

by okimaki | 2012-03-31 21:05 |

マッサラ

女っぽさのない私は・・

お化粧もしなければ トリートメントもしないし

「髪ぐらいは梳こうぜー」と 時々Dに言われる始末。


そんな私が ゚・*:.。.フェイシャル゚・*:.。..。.:*・゚ 

・・とやらに 行ってきました (初) 。


初回は、顔に グイグイと(痛キモ)・・

すると 右ほほ あたりに しこりを発見。

蒸留水を使って 揉み解してゆく Kanoさん


2度目は、顔だけではなく 

頭全体 と 足 そして 腰周りも

グイグイしているなぁと思っていたら 

特に 後頭部の下あたりに 硬い部分が。

片側をほぐしたあと、もう一方へ移動した際に

自分でも 凝り固まっている感じが なんとなく分かった。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


生きていると 日々色々なことがあり

過去の記憶や感情を 体内に溜め込んでしまうそう。


癒着してしまった部分は しこりとなって

言葉通り 柔軟性を欠いた 言動につながってしまう。

本来の自分 じゃなく 「しこり」 を抱えた自分が前面にでる?


グイグイマッサージによって その「しこり」に働きかけ

水同士が コミュニケーションを とる事によって

不必要な 過去の記憶や感情を 取り除き

マッサラな自分に戻る。

そんな感じでした。



勝手な解釈メモ

頭のしこりは 考え過ぎる癖からきた?
足腰周りは へっぴり腰 (気弱) だから?
右ほほのしこりは 男性(陽)性と関係する?

なぁ~んてまた考えちゃってるし・・笑

[PR]

by okimaki | 2012-03-30 20:31 | 健康

ひとり孤独に学習せず・・学集会へ

ひとりでは解決できない問題がある。

ひとり孤独に調査して、モヤモヤしている方、
是非一度、参加してみてはいかがでしょうか。

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.: *・゜  ゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜  ゜・*:.。..。.:*・゜゜

Japanese for Peaceでは、昨年3月11日の東日本大震災
福島第一原発事故発生以来、原子力発電やウラン採掘を
テーマに【学集会】を開いて来ました。

東京電力柏崎刈羽原発6号機が定期点検のため停止となり、
日本で稼働中の原発は、5月初旬に定期点検で停止予定の
北海道電力泊原発3号機のみとなりました。

その一方で、関西電力大飯発電所3,4号機を筆頭に、
原発再稼働に向けた動きも活発になっていると聞きます。

そんな中、福島第一原発は今、一体どのような状況にあるのか、
市民生活にどのような影響を与え続けているのか。

今回は、メルボルンを訪問されるジャーナリストの松元ちえさん
をお招きして、福島原発事故の現状について報告していただきます。

松元さんには、福島訪問、住民や原発作業員の方々への取材など、
現地でのご経験を交えて、お話しして頂きます。

これまでの学集会同様、質疑応答の時間も用意いたします

☆ 日時: 4月8日(日曜)午後2~4時
☆ 場所: Ross House, 1F Mezzanine Room
      (247 Flinders Lane, Melbourne VIC)
☆ 参加費用: 無料
☆ お申し込み、お問い合わせ: info@jfp.org.au



今回は全て日本語で行われますので、お気軽にご参加ください。

会場の準備の都合上、事前にご連絡いただけると大変助かります。

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.: *・゜  ゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜  ゜・*:.。..。.:*・゜゜

☆ また次回学集会は、5月9日(水)午後6時半~8時半、
同じくRoss House の Hayden Raysmith Room にて、
豪州のウラン採掘政策の移り変わりについて造詣の深い、
歴史学者広島市立大学広島平和研究所の田中利幸教授を
お迎えして、お話をお聞きします。

[PR]

by okimaki | 2012-03-29 08:32 | 平和

虫と花

最近 また 忙しい波 が

ジャバーンジャバーン と 押し寄せてきて

必死で 波を かいています あっぷあっぷ 

こんなときは 庭へ出ます。

もとい・・

Dによって出されます。

何を必死で がんばってんの~

c0176193_1713747.jpg

ホラホラ 見てこの虫さん

c0176193_17113932.jpg

羽がなくて ちょっと 変わってるでしょ。

c0176193_17132619.jpg

でもね、うま~く 上がれるように なってるの。

なるようになるからさ 自然の流れに まかせよ。
[PR]

by okimaki | 2012-03-28 17:14 |

隔世遺伝

昨日は、D祖父の命日だった。

写真で見るおじいちゃんは、
背が高く、スラッとした方。

財産持ちだったらしいけど、
競馬やギャンブルが大好きで、
一気に財産を使い果たしたそう。

お酒も大好きだったようで、
後年はアルツハイマーとなり、
唯一Dと一緒の写真は座ったまま。

Dはと言うと、逆に
背が低く、ガッシリ系。

質素な生活が好きで、
ギャンブル一切しないし、
お酒もほとんど飲まない。

そんな慎重派の彼の口癖は、
頭や体が働くなったら死んだ方がいい。

昨日、もう一つ分かったことは、
おじいちゃんとDが正反対の干支だったってこと。

でも、厳しい姿勢や、転んでもタダでは
起きないところは、二人ともとても似ているよう。

もしかしたら、父母を知ること以上に、
祖父母のことを知ることは、自分を知ること?


そこで、Mさんが教えてくれた
一昔前の日本の常識を思い出した。

「徳やカルマは、隔世的に子孫へ反映する」

なぜ隔世なのかは、よく分からないけど、
これは、本当なのかもしれないと思う今日この頃。

私の「徳」は祖父母のおかげ・・
私の「罪」は孫のカルマに・・

と考えると、自分だけの人生とは言い切れなくなる。
[PR]

by okimaki | 2012-03-23 15:19 | スピリチュアリティー

世界のスイーツ祭り

c0176193_10455054.png

日時: お祭りは3月18日 (展示は一年間!)
場所: イミグレーションミュージアム


豆子ちゃんのねりきり和菓子も楽しめます!
[PR]

by okimaki | 2012-03-18 10:46 |

デコさんのマクロビ教室

はりきって、1時間ほど早く
サウスメルボルンマーケットに
着いてしまった、雑穀ガールズ

デコさんは、少女のようにお茶目な方で、
とっても楽しい、大満足の一日でした。

c0175861_15401782.jpg

「玉ねぎを回し切りしたら陰陽のバランスが取れますよ」
・・と説明した側から、

「本当かどうかは分からないけどね」
・・と付け足したり。^^

「まぁ意識することで、気持ち(ラブ)がこもるのでしょう」と。

「マクロビは、いちいち ああしろ こうしろ うるさくて
自分の好きなようにできないと」、隠れアンチマクロビだった?
oneloveともちゃんも 「デコさんのマクロビは好きっ」とニコニコ顔。

あと、基本的な雑穀の洗い方とか(モミモミ)、
シャプシャプにならない炊き方、湯炊き(小さい粒)の方法。

子育ての話や、毎日食べるもの、時々頂くものの話、
シンプルな食に移行する際のお料理の仕方も興味深かった。


そして、ここ1年、震災と原発事故から
千葉での生活がどのように変わったかにも触れてくれました。

ガイガーカウンターを持って生活をすることに対する憤り。

放射性物質をできるだけ体内に入れない、そして排出する。

体内に入れないためには、
凝縮されやすい 肉・魚・乳製品 を避ける。

そして、排出するには、
玄米、豆、切干大根、発酵食などを頂く。

あとは、楽しく暮らす!・・だそうです。


色々お話ししていたら、あっという間にできあがり。
今から、お料理会に参加される方は見ないでね;)

c0175861_1541183.jpg

* ガボチャとキビのミレットボール
* 豆腐チーズのブルシェッタ
* アボカドとテンペイの蕎麦寿司
* 芽ひじきとレンズ豆のマリネ
* 玄米と梅のおにぎり
* 人参とお豆の味噌和え
* お味噌汁
* お漬物

* カボチャとスイートポテトのくずデザート

どのお料理も、シンプルで美味しく (特に玄米”) 大満足。

ランチをしながら、デコさんの畑やお家(ブラウンズフィールド)を
スライドで鑑賞、その季節感あふれる暮らしが伝わってきました。

c0175861_15414624.jpg

デコさんをはじめ、あうんの呼吸でお料理された
ディスコビーンズのYさんMちゃん&アシスタントさん、
デコさんをメルボルンへ呼んでくれた Eさん&Hさん、
その中継ぎをしてくれた Cちゃん&Mさんにも ありがとう。

                               Posted by okimaki
[PR]

by okimaki | 2012-03-16 10:30 |

「揚げ足取ってる場合じゃない」

最近一番響いた言葉です。 (Human Errorより)

関西弁 (?) なので、もとい・・
「揚げ足とってる場合じゃねーんだよ」ですね。

今更ながら、歌をはじめ、アートとという媒体は
とても心に響くようで、反復作用が働いています。

響く部分は、もちろん人それぞれですが。

c0176193_14231068.jpg

アタフタと一年が過ぎ、not like him above
今現在、日本に関係する私達の心は、
三つぐらいに、分かれているように思います。

一つ目は、「震災で被害にあわれた方々や 
被災地のことを思って (行動して) いる人」


二つ目は、「脱原発をはじめ、新しい社会
作りを思って (行動して) いる人」


三つ目は、「色々な理由で、
自分のことでいっぱいいっぱいの人」


三つがごっちゃ混ぜの状態もあります。

どっちが、どれだけ重要かなんて、
私達には計り知れないことで・・

「どの思いも、尊重したい」
・・と思えるようになった今日この頃。

揚げ足を取らずに、協力し合う、
「心を一つに」とはそういうことなのかもしれない。
[PR]

by okimaki | 2012-03-14 14:27 | 平和

400人の人々

州立図書館の前に集まった400人の人々。

c0176193_21305064.jpg

                               Photo by Nori Koizumi

「今一番言いたいこと」を プラカードや衣装、
音楽や言葉で、それぞれ表現されているようでした。

「チェルノブイリ、スリーマイルアイランド、
そして福島・・いつ私達は学ぶのだ?」

「原発なければ、怖くも無いね・・(防護マスク)」
c0176193_21495180.jpg

                               Photo by Nori Koizumi

「世界は日本を忘れていないよ・・(ハート)」
c0176193_11561352.jpg

                               Photo by Nori Koizumi

「子ども達の未来を台無しにするウラン」
c0176193_21331087.jpg

                               Photo by Tim Wright

「見えない放射能に姿形があったら・・(鬼の面)」
c0176193_21335113.jpg

                               Photo by Tim Wright

「オーストラリアのウランが福島第一でも使われた」

「クリーンエネルギーの象徴・・(ひまわりの着ぐるみ)」

「自然を汚してしまって、ごめんなさい」

「ウランちゃんを起こさないで・・」

「福島の子ども達を救おう」 など。

他の写真は、下記からどうぞ。
* 集会の写真 by Noriさん(JfP) &Timさん(iCAN)
* 集会の写真 by Jon Clarke さん

今回のテーマの一つは、「ウラン埋蔵量世界一である
オーストラリアに住む私達の責任を考える」と言うこと。

ウランの輸出拡大を示唆する豪州政府と企業に
「待った」の声をかける集会でもありました。

震災の被害に遭われた方々、被災地の方々は、
こういった動きをどう捕らえるのかと考えると
複雑な心境になりながらも・・

この問題の根源であるウランに対して無関心ではいられず、
突き動かされるように、人ごみが苦手なDもデモに参加。
初めての方も多かったようです。

今回の集会は、オーストラリア、日本だけではなく、ベトナム、
中国、韓国、カタール、英国、米国、ロシア、フランス、
ポルトガル、タヒチ、インドネシア、ブラジルなど・・
世界各地でニュースとして取り上げられました。

その中には、現在、原発開発を行っている国もあります。
そういった意味で、意義ある集会だったかと思います。


集会後は、シティのギャラリーで行われたチャリティーコンサートへ。

c0176193_217583.jpg

福島へボランティアへ行かれたNさんのスライドを見せてもらい、
地震と津波が起こった時間帯に、皆で黙祷を捧げました。

c0176193_218239.jpg

その後、地元音楽家(太鼓・歌・ギターなど)が
奏でる曲に心洗われ、帰路に着きました。
[PR]

by okimaki | 2012-03-13 11:21 | 平和

メルボルンの地より

震災で 命を 落とされた方々と そのご家族の皆様、
不安を 抱えながら 現在も生活されている皆様へ

ここメルボルンの地より・・

心よりお見舞い申し上げつつ、連帯の意を表します。


c0176193_918052.jpg


全豪非核運動から日本の皆さんへ向けた声明

2012年3月3、4日の二日間、ウラン採掘や原子力・核に関する問題に取り組む豪州NGOの代表が会合を開き、日本の皆さんにむけて、支援の声明を採択しました。

現在も進行中の福島の原発の非常事態、そのきっかけとなった東日本大震災・津波の発生から一年を迎えるにあたり、日本の皆さんに心からお見舞い申し上げます。

昨年、豪州政府の高官が、福島第1原発で、豪州由来の核物質が使われていたことを認めました。この事実を受けて、私たちは、東京電力が豪州から調達したウランが、皆さんの海や水、食糧、地域を汚染し続けていることに深い悲しみを覚えます。
豪州で採掘されたウランは、うまくいっても最終的には放射性廃棄物となり、悪くすれば、放射能汚染拡散という結果をもたらします。福島の原発事故が人々に与えている影響は、広範囲かつ長期にわたります。この原発災害によって、10万を超える人々が避難を余儀なくされ、数多くの人が未だに故郷に戻ることができない事態を私たちは大変残念に思います。

私たちは、地震や津波を防ぐことはできませんが、原子力・核の危険を防ぐことはできますし、また、防がなければなりません。

私たちは、豪州のウラン輸出を止めさせるべく固い決意をしています。ウラン採掘は、豪州の環境と文化に被害を与え、海外では長期にわたる被害をもたらします。

私たちは、協力して安全で再生可能なエネルギーの未来を推進・実現していくべきです。豪州のウラン採掘を止めるようNGOが努力する一方で、私たちは日本の脱原発のための皆さんの努力を応援します。
先日、豪州の代表団が脱原発世界会議に出席し、東京、広島、大阪、横浜、そして福島を訪問し、両国の連携・友好関係を深めてきました。

豪州では、こうした協力や交流を通じて両国の絆を強めていきたいと多くの人が願っています。3月11日には、福島の事故発生から一周年のイベントが豪州各地で企画されています(www.11march.com)。
私たちは、全ての原発の閉鎖を目指す日本の脱原発運動の努力を称えると同時に、日本政府に対しては、脱原発政策を打ち出しているドイツ、スイス、イタリアにならって、原発を恒久的に廃止するよう強く求めます。

私たちの国どうしは、海でつながっています。私たちは、ウラン採掘から原爆に至るまで原子力・核産業がもたらす影響を生き延びてきた歴史を通じてつながっています。そして、私たちは原子力・核のない未来への希望を通じてつながっています。

共同声明参加団体
• Australian Conservation Foundation (豪州環境保護財団)
• Beyond Nuclear Initiative
• Conservation Council of Western Australia (西豪州環境保護協議会)
• Environment Centre NT (北部準州環境センター)
• Footprints for Peace
• Friends of the Earth
• Greenpeace (グリーンピース)
• International Campaign to Abolish Nuclear Weapons (ICAN 核兵器廃絶国際キャンペーン)
• Japanese for Peace
• Medical Association for the Prevention of War (MAPW 戦争防止医療者協会)
• Yellowcake Road Collective.

c0176193_92012.jpg


Statement from Australian National Nuclear Free movement

Representatives from the following non-government environment and health organisations met over the weekend of March 3-4 2012: Environment Centre NT, Conservation Council of Western Australia, Beyond Nuclear Initiative, Friends of the Earth, Japanese for Peace, Medical Association for the Prevention of War, International Campaign to Abolish Nuclear Weapons, Footprints for Peace, Australian Conservation Foundation, Greenpeace, Yellowcake Road Collective. The meeting sends this message of support to the people of Japan.

As we approach the one year anniversary of the Tohoku earthquake and tsunami that lead to the ongoing nuclear emergency at Fukushima, we wish to express our profound sympathy for the people of Japan.
A senior Australian Government official acknowledged last year that “Australian-obligated nuclear material was at the Fukushima Daiichi site and in each of the reactors” . In light of this we express our deep sorrow that uranium from Australia bought by TEPCO is contaminating your sea, water, food chain and community.

On a good day uranium from Australia becomes radioactive waste. On a bad day it becomes nuclear fallout. The human impacts of the Fukushima nuclear emergency are wide ranging and long term. We regret that around 100,000 radiation refugees are displaced by the disaster and unable to return to their homes.
We cannot stop earthquakes and tsunamis. We can – and must – stop nuclear dangers.

Despite the ongoing emergency at Fukushima Australian governments at state and federal levels are pushing ahead with this toxic industry. The two biggest uranium mines in this country: Olympic Dam and Ranger have plans in place for new developments, exploration proposals continue and the Federal Government is working to advance uranium sales deals to India, China and United Arab Emirates.

We are determined to stop sales of uranium from Australia. Uranium mining causes environmental and cultural damage in Australia and leads to long-term damage overseas.
The Japanese nuclear industry has a long history of mismanagement and scandals. Companies exporting uranium to Japan as well as the Australian Government should be held to account for failing to require high levels of accountability and transparency.
We pledge to work together to promote and build a safe renewable energy future. NGOs are working to stop uranium mining in Australia and we support your efforts to phase out nuclear power stations in Japan.
Delegates from Australia recently travelled to Tokyo, Hiroshima, Osaka and Yokohama including to the Nuclear Power-Free conference strengthening alliances, friendships and links between our countries.
There are many people in Australia who want to continue building these links through joint efforts and future exchanges. Events commemorating one year since the Fukushima emergency are planned around Australia for March 11th (www.11march.com)
We commend the efforts of the Japanese anti-nuclear movement working towards the goal of closing all Japanese nuclear reactors and urge the Japanese Government to follow in the footsteps of Germany, Switzerland, Kuwait and Italy and permanently shut down the nuclear power industry.
Our countries are linked by the ocean, our peoples are linked by a history of surviving the impact of the nuclear industry from mining through to nuclear bombs and we are linked through a shared hope for a nuclear free future.
[PR]

by okimaki | 2012-03-11 09:20 | 平和