さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ピース!

コンサート2012 

今年も、様々なアーティストの方々が、
音楽やアートで、「平和」を表現してくださることだと。

今から楽しみです!

お時間許す方、ぜひ足を運んでみてください:))

c0176193_14543181.jpg

日時: 8月5日(日)3 – 5PM

場所: ビクトリア州立図書館 Village Roadshow Theatrette
    (入口 La Trobe Streetより)

スピーカー

Robert Tickner (CEO, Red Cross Australia)
Dr Peter Karamoskos – Medical Association for Prevention of War

パフォーマー

森本順子(絵本「My Hiroshima」作者)
Carmen Warrington (チベット・シンギングボウル)
April Maze (アコースティック・デュオ)
Skin (先住民コーラスグループ)
Leigh Sloggett (シンガーソングライター)
只野徳子(三味線奏者)
ほか

(*出演者の変更があった場合は、ご了承ください)

入場料: $15/conc $10

ボランティア募集中、
その他の問い合わせ: ジャパニーズ・フォー・ピース(JfP) 

Email: jfp@hotmail.co.jp

Website: www.JfP.org.au


JfPは、8月5日(日)に今年で第8回目となるヒロシマ・ナガサキ平和祈念コンサートを開催します。

JfPピース・コンサートは、被爆者の方たちの「核兵器の無い平和な世界を」という思いを共有し、このメッセージをメルボルンからオーストラリア、世界に向かって発信したい、という願いを込めて、ヒロシマ・ナガサキ60周年の2005年より毎年開催されているものです。

発足以来、ヒロシマ・ナガサキの悲劇を繰り返してはならない、非核、核と人類は共存できない、ということを訴えてきました。

スピーカーの方たちの講演の他に、内外で活躍するメルボルン在住のオーストラリア、先住民、そして日系アーティストの方たちに毎回ご協力いただいています。アーティストの方々のパフォーマンスに込められた平和へのメッセージは、直接言葉で訴える以上の感動を与えてくれ、コンサートのファンを獲得しています。

一昨年はヨーコ・オノさん、昨年は坂本龍一さんさんからもメッセージを頂き朗読しました。内外にも知られてきたこのコンサートは日系人だけでなく、オーストラリア人の常連も増えてきています。

まだコンサートにいらしたことのない方、ぜひお友達を誘って参加してみてください。

なお、コンサートの収益金は福島の子供達の保養プログラムを実施している団体に寄付されます。

[PR]

by okimaki | 2012-07-26 16:36

エイサー

暑い8月が近づくとウズウズします・・(メルは8度)。

c0176193_19172536.jpg

旧盆の満月の下、祖先の霊を迎え入れるために踊る、沖縄の念仏踊り。

ウンケー(迎え日)~ウークイ(送り日)の頃に、昔ながらの集落へ行くと

道ジュネーと呼ばれる、エイサー行列(練り歩き)に出会う可能性大。


夜な夜な 学生がいなくなった構内の駐車場で私が習ったのは、

園田の流れを汲んだ学生エイサーで、当時は男女合わせて50人ぐらい、

遠いところから先輩方が三線 (生演奏) を持って、教えにきてくれた。

メンバーもとても仲良しで、練習以外のイベントも楽しかった記憶が。


予断ですが、こういった芸能の場は 毛遊びぃ (モウアシビィ) と昔は呼ばれ、

若い男女が恋に落ちる場でもあり、実際に色々とあったようです (私例外)。


男勝りだった私は、エイサー2年目にして、手踊りで飽き足らず、

締め太鼓を持った踊りに挑戦 (集落エイサーだったら男限定の場合が多い)。

左手を地面と平行に伸ばし、握った締め太鼓は重=!! 腕プルプル・・

フリはそれほど難しくないのですが、8曲X4回を繰り返し踊り続ける。


これはもう体が慣れるしかないと、踊りに踊りこみ、「ヘーシ (はやし)」と

呼ばれる掛け声、太鼓の音、バチや体の動き一つ一つ、揃えてもらった。

不真面目で頑固な私は、よく先輩を困らせてました・・今更ですがごめんなさい。


あと、夜遅くまで太鼓の音に付き合ってくれて、弁当やお酒 (水代わり) を

買いに行くと、「がんばってるね」と、まけてくれた商店のおじさん、ありがとう:)

c0176193_20341163.jpg

上の写真がそのマチヤァグワァ(商店)のおじさん・・じゃなくって・・チョンダラー。

踊っている人たちに飲み物などを配りながら (ここでも、たいてい泡盛)、

あくまでも、だらしなく、アホなことをしては皆を笑わす役。

友達につられて挑戦したが、これが一番難しかった。


下記から各地のエイサーをお楽しみあれ。

園田青年会のエイサー
琉大法政エイサーもこちらの曲目をお借りしています。

同じく園田青年会 (道ジュネー)
沖縄市(コザ)が一番盛り上がる、文化芸能の中心地。

久保田青年会 (道ジュネー)
お盆の中日、これもコザの中心地ですかね。曲目が面白い。

山里青年会 (道ジュネー)
男の集団手踊り、もうちょっと近くで見てみたい。

栄口区青年会 (ウンケー迎え日)
動きが大きくダイナミック、でも揃ってる~。

屋慶名青年会 (拝所前)
確か、拝所(ウガンジョ)から出てくる場面の映像もあったんだけど。

平敷屋青年会 (コンビニでも!?)
こちらのエイサーはユニーク、まさに念仏踊りといった感じ。

平敷屋青年会 (ナカワチ)
はじめて見ました、この踊り・・ナカワチとはなんだろ?

久保田エイサー (古典)
無駄な動きが少ないのかな、すっきりします。

謝苅区青年会 (カチャーシー?;)
道ジュネーの間にも、踊りまくるニィシェーター(青年たち)。

今帰仁村湧川エイサー
同じく今帰仁村、今泊地区の手踊り(うにげぇ~さびら)も好き。

胡屋青年会 (送り日最後の唐船ドーイ) 
0時を過ぎるとナチュラルハイもピーク、太鼓の重さも感じない^^。

琉球大学法政エイサー
女性のジカタに締め太鼓はあまり見かけません。基は園田エイサー。

プロ技 パーランクー&手踊り
[PR]

by okimaki | 2012-07-18 20:22 |

現代版侵略法

1.軍による侵攻 そして 2.植民地化 という

単純明白な侵略は、まかり通らない現代国際社会・・

1.軍による侵攻 そして 2.経済・文化侵略が主流。

第2次世界大戦後の日本を見てみるとよく分かる。


まず、経済侵略は、お金の行方をたどることで、見えてくる部分が大きい。

例えば、エネルギーや資源を始め、合理化された農業に必要な科学肥料や農薬、

建築資材や衣類など、アメリカを中心とした欧米資本の多国籍企業に頼る現在。

その他にも、欧米化した食、お酒や嗜好品、医薬品や予防接種など、

実にさまざまな生活用品が導入され、自由貿易の名の下に輸入されてきた。


戦後、技術大国として、輸出品も増やしてきた日本ではあるが、

生きてゆくために必要な、衣・食・住・(エネルギー)と言った分野で依存。


ちなみに、米国の軍が侵入した地域では、こういった形で経済関与が行われ、

(今一度 経済とは? = 生産・分配・交換・消費一連の行為)

自らの市場を拡大することが、いわゆる、現代的な植民地拡大とも言える。


経済的な侵略と共に行われるのが、心理戦略を駆使した文化的同化
(Cultural Assimilation)

これはよく知られているが、洗脳的なので自己認識することが難しい。

日本テレビの設立にCIAが加担したように、テレビ (現代ではネット) を

中心とするメディアを通して、ターゲット国をアメリカ化(Americanize)する。


アメリカ映画、欧米化を示唆する雑誌、テレビ番組、ポップ音楽、スポーツ

ニュースなどに日々触れることで、一方的に、若いアメリカ文化のみを吸収し、

多様な文化や、自らの文化に触れる機会を減らす。 


開拓的であり「勢い」と「衝撃」が特徴のアメリカ文化は、特に若い年代に浸透する。

次第に同じような衣服に身を包み、同じようなモノを食べ、同じような価値観で、

同じようなモノやサービスをほしがる消費者が作られると、同化完了となる。

同化すると どうかする? もぅギャグルしかない。

文化は人を作る、あるいは、人であるということは文化的に生きること?

浅い文化の中で育った人間は、やはり、浅く 薄く なってしまうように思う。

私も含め、人生の深みを感じ取る、そんなことができなくなってしまう。


そして、お察しのように文化的同化が進むと、経済的依存は更に強まる。

つまり、建前上は独立国でも、米国の従国という立場が確立する。


27年間、米国の統治下であり、現在も米軍基地と隣り合わせの沖縄で

暮らすと、その経済的・文化的影響がよく分かる。 例えば・・

c0176193_1591753.jpg

2004年、基地返還跡地に開設した、美浜アメリカンビレッジという

アミューズメントショッピングセンターは、米国一大きいネイビー基地が

存在する、サンディエゴのシーポートビレッジを真似て作られたそう。


観覧車の中央にある赤いコーラのシンボルに、疑問を抱く人も多い反面、

米軍基地の跡地にわざわざ建てちゃったところに、同化の度合いが分かる

観光客の方々は、沖縄に触れたかったのに、アメリカに来たのか状態だと。

c0176193_1632558.jpg

それ以外にも、KFCが親会社のA&W (通称エンダー) と呼ばれる

ファーストフードチェーン店は、沖縄各地に存在しシンボル化しつつある。

私も昔は時々食べに行きました、でも今は地元資本の Jef を応援。

ゴーヤーバーガーに県産野菜、使ったお金は地元に落ちる:))

まぁどちらも、ファーストフード店には変わりないのですが。^^;

c0176193_163525.jpg

                         (写真はこちらからお借りしました)

また、食料自給率が低さが問題となっている日本全体(40%弱)のそれを、

更に10%も下回る沖縄では、逆に米国製品の普及率は高く

伝統的な料理、ゴーヤーチャンプルーも、島豆腐や豚肉の代わりに、

戦後出回った、缶詰のスパム(通称ポーク)を使うことが主流となっている。

このスパムの侵攻は(^^;)、ハワイなどでも見られるそうだ。

c0176193_2230258.jpg

こういった変化を数え上げたらきりがなく、常に変わっていくのが文化である

と言いきってしまえばそれまでなのだが、これでいいのか疑問が湧いてくる。


また例え、心理戦略があったにしろ、進歩の名の下、物質的豊かさを求め

欧米化や、経済領域の拡張
(経済発展ではなく) を選択したのは私たち自身。

その代りに失いつつあるのは、自らのアイデンティティ?



私は、特に愛国心が強いわけでもなく、

どちらかと言えば、日本人というより、地球人。

なので、日本という国をどうしても保ちたいという想いからではなく、

軍事帝国化してしまったアメリカの市場拡大に加担せず、

自立した地域や国作りに携わっていきたいと思う。


長々と書きましたが・・
「米軍~防衛か脅威か」フォーラムではこんな話をさせて頂きました。
一意見として読んで下さった方、いっぺ~にふぇで~びたん

[PR]

by okimaki | 2012-07-13 15:35 | 平和

運動は運を動かす

「運動と書いて、運を動かす」

「苦悩ではなく、喜びを通して成長」

「用心深くなる勇気」

「ソウロンマ(精霊馬)」

「頭と手を同じぐらい動かす」

「便利は一人で生きられると思わせる」

「親切は気づかれないようにする」

「気負うと長続きしない」

「競争が動機となるのはどうか?」

「愛は明治に生まれた言葉?」

「協力するということは、相手6 : 自分4」

スピ会などを通じて得た皆の言葉集でした。

アップするの忘れてた。

c0176193_15411961.jpg

そうそう今日は七夕!

ブログを短冊変わりに・・

「世界中に調和と笑顔あれ」
[PR]

by okimaki | 2012-07-07 15:11 | スピリチュアリティー

「内部被爆を生き抜く」 JfP上映会

JfP 主催 鎌仲ひとみ監督作品 「内部被ばくを生き抜く」上映会

まもりたい! 未来のために
4人の医師が語る経験・広島ーチェルノブイリーイラクー福島
~肥田舜太郎~鎌田實~児玉龍彦~スモルニコワ・バレンチナ~


未知なる危機に備えて  監督 鎌仲ひとみ

c0176193_18561036.jpg

2011年3月に起きた東日本大震災によって原発が4つも爆発してしまった、
その後の世界に私たちは生きている。

大量の放射性物質が放出され、広範囲に拡散したことは解っているが、ではどれだけ出たのか実は正確な情報がない。放射性物質は環境に溶け込み、生態系に入り込んだ。呼吸や汚染された水・食品を通じて引き起こされる内部被ばくは、この時代に生きる私たち全員の問題となった。

これからいったい何が起きるのか、正確に予測できる人は実はいない。ただできることはありとあらゆる情報と可能性を吟味して、「命」を守る努力をするということだ。放射能は様々な局面で「命」の脅威となりえる。私たちは生き抜かねばならない、そのためのささやかな助けになればとこの作品を作った。

日時:  2012年7月15日 (日曜日) 午後14:00から16:00まで
  (上映の後、自由にディスカッションして頂ける時間も含みます)

場所:  Ross House Association
    247-251 Flinders Lane, Melbourne,VIC 3000

入場料:  7ドル  (日本語のみ80分)

お問い合わせ: Info@jfp.org.au

公式サイト: http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

[PR]

by okimaki | 2012-07-06 19:02 | 平和

影と光

最近のスピ界は この話題で持ちきり。

(ホントかいな!? 笑)


影って何?

ってこと?

ネガティブな部分?

エゴがつかさどる部分?

クリスチャン的に言うと、Sin (罪)?

・・ってことは、懺悔すると 消えるのか!

(これまた ホント=?!)

そう言えば いつも懺悔しているなぁあのお方

ここら辺からヒントを得て、

自分の影を 言葉にするようにする。

これ結構 勇気が要ります。

自分の過ちを認めたり、

自分の弱みを見せるってね。
[PR]

by okimaki | 2012-07-06 18:37 | スピリチュアリティー