さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


今ここの幸せ

これは私の癖で、よく「もっともっと」と焦ってしまう。

言い方を変えると、今の自分に満足できない自分がいつも横で、

「okimakiもっとあれしなきゃ」とか、「ああならなきゃ」とか言ってくる。

「今ここの幸せを」とは分かっていても、それを心底実感すること・・。


そんな私を見て、Dは時々、「君はそうじゃないかもしれないけど、

僕はこんな何気ない普通の日々が幸せなんだよ」と言ったりする。


ここ1ヶ月の休み中、窓辺にあるベットから 満ち欠けするお月様を眺め、

昼間はお天道様に暖められ、お花に癒され、好きな音楽を繰り返し聴き、

読みたい本を読み、書き、時に誰かと長話し、おいしいご飯にDの存在、

「これでいい」 「これがいい」 「最高」 と思えた。

「至福」に最も近くなった瞬間?! 笑
[PR]

by okimaki | 2012-08-25 16:24 | スピリチュアリティー

Animal Dreaming 鷹(タカ)

動物からのメッセージを解読した本がある。

ビクトリア州の田舎町に住む方がまとめられた本で、

オーストラリアの動物を中心に、様々な生き物が登場する。


これまた私好みの本なのだが、必要のない方にはブーだと思う。笑

日常の中で目にした動物たちから、その意味を探ることができる

その本は、年に数回、気になったときに読んでみると面白い。


久しぶりの外出、フリーウェイに入ったところで、Dの目にとまった タカ。

一瞬ながらも、小柄な体と黄色い足、白いフサフサの胸元が印象に残った。

翌日、近くの公道で信号待ちをしていると、空中に浮かぶ鳥が目に入った。

「あれ、どんな鳥だろう」と見上げると、同種のタカでスーッと飛んでいった。


一度目も感動したけれど、二度も見たので、気になって調べてみると、

「道を進む際に妨げとなるような感情の壁や、物質的な障害から開放され、

はっきりとした将来へのビジョンを見ることができるでしょう、注意深くあれ」

・・と書かれていた。 鋭いタカの目をしばしお借りできるのかな?
[PR]

by okimaki | 2012-08-25 15:35 | 生き物

ブータンの踊り Celestial Dance

SBSチャンネルで見た五回シリーズ、残念なことに、2と3しか見れなかった。

通称 Padmasambhava's Paradise と呼ばれるこの踊りは、

16世紀に、ある僧侶の夢の中に出てきた踊りを基に始まったそう。

現在でも、伝統として受け継がれ、生き物のお面を被った若い僧侶達が踊る。


振りはもちろんのこと、踊る際の精神状態、踊りの目的などについて伝える先輩僧侶。

その目的は、踊る本人だけではなく、見ている人全てを

「無知」「嫉妬」「怒り」「執着」から開放し、天国を感じること。

「天国ってどういうところ?」と尋ねる、まだ幼い僧侶の質問に、

「天国も地獄もさほど異なるものではない、それは、はしごを使って

のぼるようなところではなく、一人一人の中にある」と答える先輩僧侶。


神や神格的な存在 (deities) とあなたは、異なる存在ではない、

その壁を通り越したとき、観客までも開放され、近づくことができる。

周りに気をとられず、自分という意識から抜けて踊ることによって

瞑想状態に入り、内なる明瞭さ、一体感へとつながる。


失われつつある伝統は、踊り自体ではなく、そういったこと だそう。
[PR]

by okimaki | 2012-08-24 16:56 | スピリチュアリティー

How to grow mushrooms @ home

            「収穫する喜びを今一度~」
            「目指せ~食料自給率の向上~」 
            「地球に、皆に、やさしい食生活」 ということで・・

         The Sustainable Society Network Inc.
                   JOY OF YIELD

   
        8月のイベントは、きのこ栽培講習会&収穫の歓びトーク。

c0176193_15343549.jpg

2012年3月発足のNPO 組織、持続可能社会ネットワークJOY OF YIELD(収穫の喜び)の8月イベントでは、組織名の“収穫の歓び”をテーマに、様々なきのこの栽培方法やガーデニングについての講習会を行います。しいたけやオイスターマッシュルームなどのおいしいきのこをここメルボルンで育ててみたい方、ガーデニングに興味がある方、持続可能な生活を実現するため自分に何ができるか探求している方、創造的な仲間とのネットワークを広げたい方、ぜひお集まりください。

主催: JOY
日時: 8月19日(日)13:30-16:30
場所: Mount Street Neighbourhood House 6 Mount Street, Glen Waverley
参加費: $15 (アフタヌーンティー付き)
問い合わせ・予約先: joy3581@gmail.com


<内容>

●きのこ栽培専門家のTodd Mansfield さんによるきのこ栽培の講習会 <英語>
・きのこの自然界での役割 ・きのこ栽培の利点 ・様々な種類のきのことその育て方について ・簡単栽培キットの説明 他

●JOYメンバーによるガーデニングトーク<日本語> ・養蜂やはちみつ作り体験談 ・春のガーデニング準備にむけて ・共同菜園プロジェクトモデルについて ・ガーデニングQ&A

●手作り品が並ぶサステナミニマーケットと余剰作物・種などの交換会

※サステナミニマーケットに出品をご希望の方は、
  詳細を予約時にお問い合わせください。
※余剰作物・種などがある方、ぜひお持ち寄りください。
[PR]

by okimaki | 2012-08-10 14:40 |

夢と母

去った週末、久しぶりに高熱が出た、

日曜日の朝の時点で38度を超えてたから、夜中は39.9度ぐらいあったと思う。

友達に話すと、「そりゃよかったね~」 とか、 

「熱が出るのは、まだまだ体が元気な証拠」 とか、

「そんな外出できるぐらいなら、大した事ない」 とか、

「薬で下げずに、この際、しっかり解毒たらいい」 とか、

なぜか、とても喜んでくれた?!

張本人である私も、発熱しながらどこかで、「仕方ない」と熱を噛締めてた。

・・と言うのは、熱を出す3、4日前に見た夢と、母のアドバイスがあったから。


その夢の中で私は、去った日曜日に行われたイベント(あの時点では未来)で、

一緒に司会をする予定だったTさんを頼りに、不安を抱え進行役を行っていた。

その時点でも、私自身の判断では、「やればできる」と思っていたので、

起きた瞬間、「これは、先にお礼をしとかなきゃ・・」と思い、

誕生日が過ぎたばっかりのTさんに、お庭の花で花束を作り、

ミーティングの際に、「おめでとう」と渡したら、すごく喜んでくれた。


ミーティングはことなく過ぎ、その晩、母に電話した。

最近、体調のことでいろいろとあったので、そのことについて話しつつ、

「今週末は、こういったイベントがあってね」とポロっと言うと、

「体調のことを優先して、今回は役目を辞退したほうがいい」、

「皆に迷惑がかかる可能性もあるでしょ」と、具体的にどういうことが

起こりえるかを説明してくれた。 (役目が何か言わなかったのにね;)

親の意見として、当たり前のことを言ったまでだと思うのだが、

母の言うことを聞かず、いつも自分勝手な私が珍しく涙ながらに、

親の気遣い、アドバイスを真摯に受け止めることができた。


それと同時に、今まで心配させてきたこと、適当に聞いてきた

アドバイスの数々が思い出され、本当に悪いことをしたと心痛くなった。

そのタイミングで、電話に出た父は、大泣きしている私になんのことやら?笑


何はともあれ、熱にうなされたのか、過去の行為にうなされたのか・・

そういった状態が数日続きましたが、お蔭様で、今は大分すっきりしました。

もし強行突破していたら、本番当日に、穴をあけてしまうことになってたかと。


イベント4日前にお断りしたのにも関わらず、理解してくれて、

迅速に対応してくれたKさん、Nさん、Tさん、Sちゃん&皆様

色々と気遣ってくれた皆様、心からありがとうございました。

ちなみに、イベント大成功だったそうです!!
[PR]

by okimaki | 2012-08-08 15:46 | スピリチュアリティー