さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

カンガルーダンディー

「何それ、パロディー?」と聞かれましたが
それは、見てのお楽しみ。


同じ有袋類ですが、相反する特徴を持ち
オーストラリアを代表するコアラとカンガルー。

常にマイペースなコアラ。

c0176193_1228251.jpg

この日も一日食っちゃ寝食っちゃ寝でした。
ユーカリは毒素が強いので、消化に時間がかかります。
聞くところによると、いつもハイ状態だそうです(^。^)。

c0176193_12283740.jpg

森と森が町々で切断されると、
似通った遺伝子を持ったコアラ同士が交配し、
抵抗力も含め、どんどん弱くなっていってしまいます。

c0176193_12294194.jpg

Nature's Corridor (自然の廊下) と呼ばれる、
動物たちの通り道を、町設計の際に取り入れることが大事。


こちらはグレーカンガルー。

c0176193_1230887.jpg

まっすぐな視線とダイナミックな動き、
特に雄カンガルーは威厳があります。

c0176193_12303713.jpg

キャンベラ付近で増えすぎたカンガルーをどうするか?
という論争が繰り返されていますが、難しいところです。


そうそう、オーストラリア在住の方、
毎週木曜日8時半よりABC チャンネルで放送される
「カンガルーダンディー」お勧めです!
[PR]

# by okimaki | 2013-03-28 12:31 | 生き物

十二支別 適度

「何事も適度に」と言いますが、
分かっていても、時々度を越してしまいます。

そういった際に、第三者から活を入れてもらえたら、
一気にバランスが取れる場合もあるようですが、
行き着く所まで行って、気づく場合が多い。

あくまでも一般論なので、当てはまらない方もいますが、
十二支別に 「どういった点で度を越しやすいか」 を
リストアップしてみました。参考までに。


子年さんは、多気 - あれやこれやと中途半端に手をつけてしまう。

丑年さんの仕事量 - 一見良いことのようですが、家庭や遊びとのバランス。

寅年さんの活動範囲 - 器が大きい方が多いので、思わず広げてしまうのか。

卯年さんの心配の度合い - 心配してもどうしようもない事まで心配してしまう。

辰年さんの目標設定 - 度を越した目標を立て、周囲や自分に過度に要求しがち。

巳年さんの思考癖 - 考え過ぎて、時に自分の考えの迷路にはまってしまう。

午年さんは、自我道 - 我が道を行く 信念が強いと出るか、頑固と出るか。

未年さんの空想癖 - 自分の世界に入ってしまう。

申年さんの批判癖 - Aと言ったらBと言う よい評論家にもなり得ますが。

酉年さんの完ぺき主義 - 細かい細かい細かい・・申年さんと少し重なる。

戌年さんの正義感 - 基本的には徳だが、自己判断の押し付けともなりえる。

亥年さんは、娯楽好き - 毎日、自分にご褒美与えすぎ。笑


「性格によいも悪いもない、ただバランスを崩した時に
それが悪い方向に働くだけだ」と、友人が言ってました。

まさにそうだと思います。
[PR]

# by okimaki | 2013-03-23 23:24 | 占い

共感力

電話で母が・・

「幼稚園のお隣に住む老夫婦が、こども達の声が騒がしくて、

おちおち生活もできないとの苦情を重ねている」という記事に触れた。

そこで、幼稚園側が老夫婦の家の窓を二重にしてあげたらしい。

「窓を二重にすることが解決策ではない・・それよりも、

老夫婦と園児が交流する機会を持つことの方がよっぽど大事だ」と言う母。

そうしたら、騒がしい声も「・・ちゃんの声かしら?」とか

「・・君泣いているけど、どうしたのかな?」という風に人は捉えるようになると。


話は少しずれるかも分からないが、

自分以外の人に共感する感性と言うのが、年々薄れているらしい。


原因として考えられることは、

電話やインターネットを介して行われる上辺だけの人間関係、

家族や親戚をはじめ、世代を超えた地域内交流の減少が思いつく。


共感することができなくなると、人は自己中心的になるだけではなく、

コミュニケーション(意思伝達)が上手くできなくなるようだ。

これは社会的動物(人間)にとって、かなりの痛手だ。


小さな島の割りかし都会で育った私自身も、思い当たる節が。


近所付き合いや親戚付き合い、面倒くさいと思ったこともあるけれど、

たくさんの人に叱咤激励されて、今の私がいることを忘れちゃならないと思った。
[PR]

# by okimaki | 2013-03-21 21:18 | 平和

恵みの雨

c0176193_15114872.jpg

猛暑が続いた後、恵みの雨!

わずかな庭の野菜達、どうにか持ち越しました。

ねぎ
紫蘇
トマト
エゴマ
葉野菜
ズッキーニ 
ワイルドロケット 

昨日食べたズッキーニは、皮が固かった。

でも、「皮に栄養があるんだよ」という言葉を思い出して、
炒めてみたが、やっぱり固い・・どうしよう。
[PR]

# by okimaki | 2013-03-19 15:14 |

「自」らの「然」

草木 や 花

動物 や 虫

風 光 土 に

山 川 海 などなど。


自然の存在を身近に感じると、「自ら」が「然」となるように思える。


少々こじ付けだが、言い方を換えると

「自 = 私自身」 が 「然 = そのもののような ようすであること」。

c0176193_17491039.jpg



恐れ = Fear

不安 = Worry

貪欲 = Greed

傲慢 = Arrogance

暴力 = Violence

中毒 = Addiction

操作 = Manipulation

怠慢 = Negligence

倒錯 = Perversion

感謝の欠如 = Lack of Appreciation

敬意の欠如 = Lack of Respect

・・等は、

「自然」から切り離された状況に、長くいればいる程、

私達の中で、顕著化するように感じた。

後記)
[PR]

# by okimaki | 2013-03-18 17:11 | スピリチュアリティー