さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

タグ:イベント ( 182 ) タグの人気記事


南風のお話 ようこそ琉球へ

来豪13年目にしてかかってしまった
ホームシックも終盤に差し掛かったように思えます・・(多分)。

なのに・・ぶり返してしまうかもしれない
イベント情報を頂きました。

興味がある方ぜひどうぞ(^^)

"Tale of the Southern Winds - Welcome to Ryukyu"

Tuesday, 17 December 2013
6.30 – 8.00pm
Merlyn Theatre, The Coopers Malthouse
113 Sturt St, Southbank

Adult : $15
Concession, Seniors, Students : $10


http://www.jpf.org.au/jpfevents/13-southernwinds/index.html

Following the success of this year’s Glorious Ryukyu performance comes the Australian debut of Tale of the Southern Winds — a stunning dance theatre work by all-female Okinawa Song & Dance Theatre Ensemble, ‘Chura’. The islands of Okinawa, formerly known as the kingdom of Ryukyu, are nestled in the sub-tropical blue seas of Southern Japan. This lyrical and powerful performance captures the essence of life in the islands of Okinawa: the cultural richness, colourful history, distinctive sound and breathtaking natural beauty. With two shows only in Australia, don’t miss this opportunity to be transported away to an idyllic island paradise.

About Okinawa (Ryukyu)

Also known as Japan’s secret paradise, Okinawa is the name given to a group of over 160 islands which dot the subtropical seas of Japan’s southwest. Until the 19th century, when Okinawa became part of Japan, the islands were an independent state known as the Kingdom of Ryukyu. Flourishing trade relations with neighbouring regions in Asia – particularly China and Japan – led Ryukyu to become a melting-pot of cultural influences which infused the Kingdom’s own rich culture. Now one of Japan’s 47 prefectures, Okinawa is known in Japan for the distinctive cultural legacy of its Ryukyu days—embodied in its music, lively festivals and dance—as well as its stunning natural environment.
[PR]

by okimaki | 2013-12-09 12:33 | 音楽

パーマカルチャーって?

パーマカルチャーをご存知ですか?

持続可能で無駄のない農業や暮らしを目指す運動で、
オーストラリアではじまったものだそうです。

今回のホープコネクション・カルチャースクールは、
メルボルンで活動中の「持続可能社会ネットワーク(JOY)」
の皆さんとのコラボで、パーマカルチャーを紹介する企画です。

ニュージーランドにある農園での実践例をわかりやすく紹介した
「パーマカルチャー 
地球とつながる楽園の暮らし-
ニュージーランド虹の谷の農園から」
を鑑賞します。

そのあと、フランクストンで1999年からパーマカルチャーの
理念を取り入れた庭づくりされている細野祥子さんに、
メルボルンでの活動についてお話していただきます。

併せて、苗や種の交換会も開く予定です。
余っている種や苗をお持ちの方、どうぞ持っていらしてください。
お茶の時間には、体に優しい飲物もご用意しようかと・・・お楽しみに!

場所: Grattan Gardens Community Centre
    40 Grattan Street Prahran  ( Melway 58 D 5,
    Commercial Road から南向きに Grattan Street に入ってすぐ )
日時: 11月30日(土)午前10時から正午
参加費: $5 (モーニングティー、健康飲料付き)
問合せ・申込: 0408-574-824 または info@hopeconnection.org.au
        (11月28日までにお願いします。)
ウェブサイト: http://www.hopeconnection.org.au/

※チャイルド・ケア、駐車場をご希望の方もお申し込みの際に知らせて下さい。
(駐車スペースは先着順です。)
[PR]

by okimaki | 2013-11-11 23:03 | サステナビリティー

非日常

新年早々、ミニ旅行へ行ってきました。

前半は、スピード感溢れる日々、

煌びやかな世界と、陰なる努力や大変さ・・

楽しくも厳しく、刺激いっぱいの日々でした。

c0176193_17505370.jpg

後半は、時を忘れ田舎町を転々とし、

感覚に任せて、着の身着のまま~海へ山へ。

100年以上も前にタイムトリップしたかのような町並みと暮らし。


どちらもホント貴重な時間でした・・ありがとうございました。

いつもの生活から一歩離れ、非日常的なことを経験すると、

現在の立位置や今後の方向性が、より見えてくるような気が。


そうそう、ボディーボードで、波乗りを初体験。

はしゃいでいたら、波にぶつかったボードで

顔面をボーンと打って(><;)唇が切れて、顎がずれた?

お陰で、あくびの際にカックンとなる顎(母方の遺伝)が治ったよう?!


海の荒治療。笑
[PR]

by okimaki | 2013-02-25 11:08 |

謹賀新年 巳年

明けましておめでとうございます・・とは言ったものの・・

月の暦では、2013年2月10日より新しい年が始まります。

2月9日までは、辰年のエネルギー下に在るということです。

やり残したことがある方、まだ遅くはないようです^^。

一年を振り返ってみたい方、参考になれば嬉しいです。

フィードバックもお待ちしています。

2012年 辰年 十二支別に見た今年の運勢 


2013年 巳年は、2月10日付けに掲載予定。
[PR]

by okimaki | 2013-01-16 21:28 | 占い

土の再生で100年後の地球をデザインする

100年後・・いったい地球はどうなっているのか?


新年1月3日に行われるJOYイベントは,

「土の再生で100年後の地球をデザインする」
「メルボルンの家庭菜園とコンポスト作りの実践例」


・・というお題で、いつもは地味~な(私の中だけ?)土のお話。

物静かに見えて、土の話をしたらトマラナーイ 
兵庫県リビングソイル研究所の西山雄太さんを講師として、

また、メルボルンで長年菜園を手がけている
はつさんとあんなさんをゲストスピーカーとしてお招きしています。


自家菜園に興味はあるが、土作りで困っている方・・(これ私)

土作りが上手くいかず、野菜が上手く育たないという方・・(これも私)

市販の肥料を買うのではなく、 土の段階から自分で作ってみたいという方・・

家庭菜園を始めてみたい方、メルボルンでの家庭菜園の実践例を学びたい方・・

また、地域レベルで、どのように無駄をなくし、 土の再生に取り組めるか・・

日ごろ何気なく接している土が、 私達の暮らしにどのように関わっているかを知りたい方・・

この機会にぜひお集まりください。

c0176193_14401120.jpg

イメージは http://biosoil.blogspot.com.au/ から。

場所: Mount Street Neighbourhood
     6 Mount Street, Glen Waverley

日時: 1 月3 日(木) 13:30~15:30

内容: 土講座(日本語 only)

「土の再生で100年後の地球をデザインする」
「メルボルンの家庭菜園とコンポスト作りの実践例」

土が普段の生活にどのような影響を与えているか
日本とオーストラリア、土の違い
どういう土がよい土か、見分け方
家庭菜園のためのコンポスト作りと土改良
持ち寄った土とコミュニティーセンターのお庭を利用して、
実際に土に触れながらの講習
メルボルン家庭菜園実践例


参加費:$15

ご予約・問い合わせ先:joy3581@gmail.com

JOY (Joy of Yield) 
The Sustainability Society Network Inc. (NPO)

[PR]

by okimaki | 2012-12-12 13:52 |

エイサー 報告と反省

リハーサルに参加できず、ぶっつけ本番だった私が悪かった・・大反省。

土曜日のエイサー、特にオープニングの「仲順流り」のテンポがずれました><。

みんな各自練習を重ねていただけに、音に合わないなんて・・すっごく残念。

日曜日は、昼休み中だった音響の方を呼んで、少し無理を言って

今一度音量調節、みんな揃って緊急リハーサル、上手くいきました。

お蔭様で、本番でも実力を発揮でき、皆さん楽しめたようでした!


そして、いつの間にか突然腫上がっていた(初) 私の

「右足親指の付け根の痛み(外反母趾?)」もひき、

いい意味で、以前とは違う感覚になってます。

もしや、心身ともに少し浄化された・・?


伝統芸能、大衆芸能にはそういった効果もあるのかな?

それとも、また私の思い込み?!笑

どっちにしろ、またとない (いやある!) 経験をさせてもらいました。


メルボルン邦楽の仕掛け人 Tさん と Jさんを はじめ

和太鼓りんどうの皆様へ 心からありがとうございました。
[PR]

by okimaki | 2012-12-11 16:37 | 健康

エイサーと体と和太鼓コンサート

とうとうこの日が・・

2012年最後を飾る和太鼓りんどうコンサートにて、

9月から定期的に練習を重ねてきたエイサーの初・披露です。

なんと明日は37度! 

汗びっしょり~の しちがち (7月) エイサー日和。 やっほ~。

でもなぜか・・

右足親指の付け

右手首

舌のやけど
 (・・これは関係ないか)

わずかながら、痛み?違和感?が出てきてます。

思わず・・「披露」が「疲労」になっちゃうし。笑

いやいや、そこまでは練習してないぞ私。


老若男女、合わせて20名で踊ります。

母が縫ってくれた赤と紫の衣装・・

こっそり泡盛も持っていこうか・・

c0176193_18161338.jpg

Dec. 8th 7pm~  
Dec. 9th 2pm~

@ MLC 207 Barkers Road, Kew

Japanese drumming (Wadaiko)
Three-string guitar (Shamisen)
Okinawan drumming (Eisa)

and more..

Ticket : $15 / $10 conc.

Contact: toshi@wadaikorindo.com

[PR]

by okimaki | 2012-12-07 17:59 | 健康

幸運

雷  雨  満月  灼熱

七変化するメルボルンのお空の下、

頭の中の40%ぐらいを占めていた フラダンス が終わり・・

3%ぐらいを占めていた テニス も終わり、一段楽したところです。


フラに比べ、テニスに対する、愛情も敬意も足りないらしい私・・ 

練習せずとも、試合を続けられる方法はないかと模索していたのですが、

(そういった意味では、頭の30%ぐらいを占めていたかも・・;)

大のテニス好きの友人に、ビデオカメラ(撮影用)を借りてしまったため、

嫌でも練習しなきゃいけないはめに。

弱点である フォアハンドとサーブ、なぜ弱点が 弱点なのかを分析し、

one at a time 目的も持って練習をする。

ひたすら 練習練習練習練習練習  試合は二の次三の次と言われました。

これはもう、精神修養とでも思い込んで、やるしかないっと 腹をくくり、

がんばりましたよ==もう~。

お陰様で、体も心も引き締まったような・・ 疲れ果てたような・・笑。

いやぁ~何て私はラッキーなんだ!

去年の今頃 「体との対話」。
[PR]

by okimaki | 2012-11-29 16:03 | 健康

ポリネシアンダンス @ Como House

c0176193_15283112.jpg

男女混合 年齢混合 ポリネシアンダンスを
初めて目の前で見て、感動したのでアップします。

c0176193_15275924.jpg

フェスティバル会場 Como House のお庭で、
移動して踊るダンスグループに付いて回り・・

前列に陣取ろうとする男子2名を振り分け、
かぶりつきで見てしまいました。

c0176193_15273721.jpg

開放感、遊び心、喜び==。

あれから毎日、撮った動画を見ては、ニコニコ (ニヤニヤ) し、
「よっしゃあ~私もポリネシアン」っと、Hulaの練習をしていたら・・

横目で見ていたDから、「makiは、ポリネシアンというより、
インドとフィリピンの合いの子のようだ」と言われました=。

その他、「上半身が硬い」「コントロールしすぎ」「振りが早過ぎ」等など
言われたい放題ですが、でも、まぁ的を得ているので、ありがたい。

ポリネシアンダンサー&ミュージシャンのみなさま
寒いメルボルンで踊ってくれて、まるぅるぅ。 =ありがとう?
[PR]

by okimaki | 2012-11-01 15:34 |

今晩メルボルン初 Okinawan Night

c0176193_11352082.jpg

キャーー大興奮。

どうしよ~~何着ていこう=。

サリー、アオザイ、ハワイアン!?

ちょっと勘違いしている子がいます~。

でもでも、道連れがいるからいいのです。

いちまでぃん ふえふくろう ミュージシャンさん 許してください><。

楽しみにしてます。


もう少しお席に余裕があるようです。

場所: Japanesey 126 Russell St. Melbourne City
日時: 10月13日(土) 7時開場 7時半より~
チケット: $15
[PR]

by okimaki | 2012-10-13 11:39 | コミュニティー