さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

タグ:不思議 ( 90 ) タグの人気記事


酉年と亥年 東洋と西洋

東洋で書かれた占い書と西洋で書かれた占い書、
酉(とり)年 と 亥(い)年に関しては、
なぜか異なる見解にゆきあたります。

その理由を考えてみました。

まず、酉年。

東洋では、「よく気がつき、色々な人と仲良くできる」と言われ、 
西洋では、「相性が良い人が少なく、こだわり多し」と言われます。

そして、亥年。

東洋では、「我が強く、自分を通す人」と言われがちですが、
西洋では、「誰とでも気さくに接することができる人」とあります。


おそらくこれは、生まれ育った環境、
文化的な違いだと考えられます。

個性が育まれる西洋に対し、全体の調和が大事とされる東洋、
生まれ持った資質が、異なる形で受け捉えられるのかと。

どちらの文化圏で生まれたにしろ、
細かい部分までよく気がつく酉年さん。

身近な人には、自分の道理を通しますが、
職場など、公共の場に置いては周囲に合わせます。
東洋社会においては、それゆえ一見「気遣い上手な人」。

逆に、どこにいても自然体の亥年さん
裏表がない方に多い生まれです。

西洋社会において、大いに好まれるスタンスですが、
東洋社会においては、「合わせることを知らない」と
受け取られるかもしれません。

ただし、これはあくまでも確率的に多いということで・・

東洋社会であっても、周りの目を気にせず
個性を光らせている酉年さんもいますし、

周りに尽くすことが私の道という意で
自我を通している亥年さんもいますね。
[PR]

by okimaki | 2013-05-01 12:50 | 占い

The Brave New World

ここ数ヶ月、「あの感覚」が戻ってきたような。

言葉では説明しにくいのですが、

あえて言うなら、暖かさ、のどかさ、開放感・・

湿った空気と、夜風の涼しさ、懐かしい匂いがする。

きっと夏の暑さと、雨や嵐が、沖縄を思い出させるのかと・・

思わず涙腺がゆるくなり、全ての美しさで胸がいっぱいに。


そんな中、マヤ暦では、新しいサイクルに入ったそうです。


その前日は、マヤさん宅での瞑想会にお呼ばれしました・・

帰り道に見た草木、いつもにも増して色鮮やかだったこと^^。


新暦の初日には、異なる分野で目標にしている先輩方と、

たまたま同じ日に、別々で、時間を共にすることができました。


これまた私にとっては、ラッキーなスタートでした。

私にとってのキーワードは、the Brave New World。


新たなサイクルが皆様にも、更なる喜びをもたらしますように。
[PR]

by okimaki | 2012-12-25 12:30 | スピリチュアリティー

エイサー 報告と反省

リハーサルに参加できず、ぶっつけ本番だった私が悪かった・・大反省。

土曜日のエイサー、特にオープニングの「仲順流り」のテンポがずれました><。

みんな各自練習を重ねていただけに、音に合わないなんて・・すっごく残念。

日曜日は、昼休み中だった音響の方を呼んで、少し無理を言って

今一度音量調節、みんな揃って緊急リハーサル、上手くいきました。

お蔭様で、本番でも実力を発揮でき、皆さん楽しめたようでした!


そして、いつの間にか突然腫上がっていた(初) 私の

「右足親指の付け根の痛み(外反母趾?)」もひき、

いい意味で、以前とは違う感覚になってます。

もしや、心身ともに少し浄化された・・?


伝統芸能、大衆芸能にはそういった効果もあるのかな?

それとも、また私の思い込み?!笑

どっちにしろ、またとない (いやある!) 経験をさせてもらいました。


メルボルン邦楽の仕掛け人 Tさん と Jさんを はじめ

和太鼓りんどうの皆様へ 心からありがとうございました。
[PR]

by okimaki | 2012-12-11 16:37 | 健康

亀甲墓 と 曾祖母

曽祖母の33回忌、叔父の16回忌 など、一昨日は

お墓を開き、皆まとめて うーとぉとぉ(お祈り) をしたそう。

亀甲墓と呼ばれる 家族全員が入るお墓の前で、4時間の儀式。


私が覚えている限りでは、ピクニックのような感じです:)

親戚が集まり、お墓の前に敷物を広げ、食べ物や飲み物が並べられ、

お線香が焚かれ、人が入れるほどのお墓の中に骨壷が収められてゆく。


事情があり、曽祖父とはお墓が別だった曾祖母ですが、

今回はじめて一緒のお墓に入ることに・・

事情があるだけに、それでひいおばあちゃんは幸せかな?と

気になりながら、昨日は眠りにつきました。(10時間ほど・・<夏時間のせいよ;)


今朝、メルボルンからも、お線香をたむけ手を合わせると、

灰がきれいに回って、収まっていたのでやっぱり喜んでいるのかな~。

線香の話 もっと
[PR]

by okimaki | 2012-10-09 12:33 | スピリチュアリティー

じゃんがら念仏踊り

c0176193_1921627.jpg

今まで知らなかった・・

エイサーの起源と言われる 

「じゃんがら念仏踊り」

場所は、福島県いわき市。

なんだか つながった気がして嬉しい。
[PR]

by okimaki | 2012-09-14 19:18 |

Animal Dreaming 鷹(タカ)

動物からのメッセージを解読した本がある。

ビクトリア州の田舎町に住む方がまとめられた本で、

オーストラリアの動物を中心に、様々な生き物が登場する。


これまた私好みの本なのだが、必要のない方にはブーだと思う。笑

日常の中で目にした動物たちから、その意味を探ることができる

その本は、年に数回、気になったときに読んでみると面白い。


久しぶりの外出、フリーウェイに入ったところで、Dの目にとまった タカ。

一瞬ながらも、小柄な体と黄色い足、白いフサフサの胸元が印象に残った。

翌日、近くの公道で信号待ちをしていると、空中に浮かぶ鳥が目に入った。

「あれ、どんな鳥だろう」と見上げると、同種のタカでスーッと飛んでいった。


一度目も感動したけれど、二度も見たので、気になって調べてみると、

「道を進む際に妨げとなるような感情の壁や、物質的な障害から開放され、

はっきりとした将来へのビジョンを見ることができるでしょう、注意深くあれ」

・・と書かれていた。 鋭いタカの目をしばしお借りできるのかな?
[PR]

by okimaki | 2012-08-25 15:35 | 生き物

影と光

最近のスピ界は この話題で持ちきり。

(ホントかいな!? 笑)


影って何?

ってこと?

ネガティブな部分?

エゴがつかさどる部分?

クリスチャン的に言うと、Sin (罪)?

・・ってことは、懺悔すると 消えるのか!

(これまた ホント=?!)

そう言えば いつも懺悔しているなぁあのお方

ここら辺からヒントを得て、

自分の影を 言葉にするようにする。

これ結構 勇気が要ります。

自分の過ちを認めたり、

自分の弱みを見せるってね。
[PR]

by okimaki | 2012-07-06 18:37 | スピリチュアリティー

祖先の恩に報いる

慰霊の日の夜、

いつも以上に うーとーとぉ をしたせいか、

先祖からのメッセージに、号泣する出来事が。笑

それは、久々に見た中国映画 「銀の帝国」 の中にあった。マジで!


映画を今から見たい方は、読まずに > SBSのサイトへ


「宇宙は広く 人間は小さい 人として如何に生きるべきか」

そんなシーンから始まる映画の主人公は、銀行一家の跡取り。

家系を守ること、銀行経営を受け継ぐこと、恋などに悩んだ末、

祖先が辿ったゴビ砂漠へ旅に出る主人公。

・・紆余曲折あり・・

「銀行の繁栄」と「跡継ぎを生み出すこと」が祖先の恩に

報いる行為だと 信じてやまない 父親の意に反して、

自分なりのやり方で経営する道を選んだ主人公は、

小規模であっても、皆が銀行を利用できるようにと開放した。


飢きんに見舞われた際、押寄せるたくさんの人に、

家族の蓄え (銀) を分け与えることを決意した主人公。


銀の貯蔵庫を開けると、そこには巻物がひとつ。

・・ 仁義 ・・ Benevolence and Justice ・・ (映画訳)

その言葉に、「自分の行動は 祖先の意に反していなかった」、

「良心に従い行動することで、祖先もきっと喜ぶ」という落ちでした。


これだけなら、いい映画だった~で終わるのですが、

不思議と 鑑賞中に、どこからともなく浮かんだこの言葉、

Benevolence

なんでこんな、日ごろ使わない言葉が?っと思ったので覚えてて、

しかも映画のキーワードだったので、思わず泣けてしまいましたとさ。


おしまい。^^


・・でもいったい Benevolence って?


6月28日 追記: 今日開いた本に書いてあった「仁」の話
            通称の「仁愛」という解釈に加える意味:
            宇宙、人生を通じて万物とともに生成・
            化育していく、その造化の得が「仁」である。
[PR]

by okimaki | 2012-06-24 20:13 | スピリチュアリティー

両極端

強い かと思えば 儚くて、

情熱的 にも 冷淡にも成りえ、

複雑そうに見えて 実は 単純で、

論理的 でもあり 感情的でもあり、

賢い ように見えて かなり抜けてて、

注意散漫か 集中するかは 気分次第。

傲慢な態度 と同時に 謙虚な心を持ち、

自己中心的 でもあり 自己犠牲的な言動は、

破壊的 であると同時に いつくしむ術を知っている。

c0176193_22185813.jpg

そんな両極端なD に惚れた私。

周囲の方々にお世話になりながら・・

時には迷惑もかけながら・・

もうすぐ出会って12年を迎えます^^。

これからも、よろしくお願い致します。
[PR]

by okimaki | 2012-04-27 22:13 |

宇宙人の色

c0176193_17242665.jpg

赤い太陽に

緑と青の地球。

宇宙船は 赤と青で

宇宙人は 色まんちゃー(混ぜこぜ)。

小学校1年生の 姪っ子が 描いた絵に

「ちょっとこれ写真撮らせて=」っと 

押せ押せのM叔母ちゃんでした。
[PR]

by okimaki | 2012-04-22 17:25 | 生き物