さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

タグ:夢 ( 22 ) タグの人気記事


雲の上の一年間

SBSのオンデマンドで
「雲の上の一年間 - A year in the cloud」を観ました。

台湾の山岳民族アタヤールの人々が住む
スマグス村(28世帯、200人弱)の暮らし。

掻い摘んで説明すると・・

20年前は消えゆく村、貧しさのため若者が都会へ、
66歳になる村の長が見た夢と決意。

森の中にある大きな木、その木を利用して観光客を呼ぶ。
コ・マネージメントと呼ばれるシステムを始める。

季節ごとに仕事の内容は変わりますが、
観光客のおもてなし、農業(もも・穀物など)、レストランの経営、
キャンプ場の経営、森の手入れや見回り(密林から)、会議など、皆で行います。

女性は一ヶ月あたり約450米ドル、男性は約350米ドルの給与が支給されます。
女性の方がよく働くからと言っていました。

実際には、あまりお金は必要ないそうです。
教育、医療、結婚など大きな支出は村が援助。

昔から存在する村ですが、現代に適応するよう工夫しているところ、
そういった村が存在すること、嬉しかったです。

信仰は、キリスト教と祖先崇拝、土着の風習が混ざった感じでした。

子ども達を含め若者が村に戻ってきていました。
色々と難しいこともあるようでしたが、皆働き者、真っ直ぐでいい顔。

こういった暮らしはごく一部の人にしか受けないかなぁ・・?
戦争をしなくても事足る暮らしは無理なのかな・・なんて考えています。


c0176193_12264553.jpg

写真は Culture and climate change からお借りしました。

" A year in the clouds"

The documentary film “Smangus: A Year in the Clouds” grants deep insight into the life of a group of indigenous people from the tribe of the Atayal who live high up in the mountains of Neiwan near Hsinchu, Taiwan. They lead a life that seems to comply with the ideals of a Chinese “people’s commune” or a “Utopia” of western philosophy. Their life consists of cooperative labour, common utilisation of the returns, joint administration and sharing of the collective success. In this they are following the wisdom of their forefathers and leading a life in harmony with nature.
[PR]

by okimaki | 2014-04-29 12:29 | コミュニティー

最後のスピ会 前夜の夢(魔女とノロ)

2008年10月から定期的に行われてきたスピ会、
2012年11月をもって、一区切りとなりました。

元々、レイキのメンバーを中心に続けてきた会でしたが、
メルボルン一時滞在中に出会えた方、永住されている方、
たくさんの貴重な出会いがあり、楽しい時間を共にすることができ、

心からありがとうございました。


最後のスピ会の前夜に見た夢。

私は西洋人女性。

草原のようなところで、何かに貼り付けにされてます。

ヤリ(時々なぜか手裏剣;)が、私をめがけて飛んできます。

夢の中で 「尖ったものが嫌いな理由はこれか」と、思っています。

また、私に向かってヤリを投げつけている人たちが、

不思議と私以上に恐怖を抱いているのだなぁと感じました。

覚えているのはこれだけ。

どこかで聞いた魔女狩時代の話でしょうか?

Dに話すと、そんな話は五万と聞いたと言われました。笑

何はともあれ 「女性に対する恐れ」

「神秘性の受け取り方の違い」 「時の流れ」 を感じました。


現在、飛ばし読み中の本 「The Okinawa Program」。

沖縄(特に女性)の長寿の理由、その一つとして、

「家庭と地域において、精神性に関わる役割を担っている」

という点が特筆されていました。


具体的には、ある程度年齢を重ねた女性達 (おばあちゃん達) が、

日々のお祈りや年中行事の際に、中心的な存在として参加するということです。

c0176193_1536143.jpg

c0176193_153647100.jpg

この世にいながら、あの世を思い出させる 儀式や祭事 の重要性は

日々感じていたのですが、これが健康長寿の秘訣にもなると言うことで、納得。

また他の文化圏同様、政治や経済の分野において男性が活躍している中、

女性がそういった役割を担うことは、とても理にかなっているように思える。

c0176193_15384068.jpg

c0176193_15393213.jpg

c0176193_15395388.jpg

c0176193_15401896.jpg


西洋における魔女に対して、沖縄におけるユタやノロ、

似通った役割を担っていながら、一方では魔女狩りという道を辿り、

もう一方では健康長寿の秘訣とまで言われ・・

いったいこの差は何なのか? 時代の流れなのか?

そんなことが気になる今日この頃。
[PR]

by okimaki | 2012-12-01 21:02 | スピリチュアリティー

ブータンの踊り Celestial Dance

SBSチャンネルで見た五回シリーズ、残念なことに、2と3しか見れなかった。

通称 Padmasambhava's Paradise と呼ばれるこの踊りは、

16世紀に、ある僧侶の夢の中に出てきた踊りを基に始まったそう。

現在でも、伝統として受け継がれ、生き物のお面を被った若い僧侶達が踊る。


振りはもちろんのこと、踊る際の精神状態、踊りの目的などについて伝える先輩僧侶。

その目的は、踊る本人だけではなく、見ている人全てを

「無知」「嫉妬」「怒り」「執着」から開放し、天国を感じること。

「天国ってどういうところ?」と尋ねる、まだ幼い僧侶の質問に、

「天国も地獄もさほど異なるものではない、それは、はしごを使って

のぼるようなところではなく、一人一人の中にある」と答える先輩僧侶。


神や神格的な存在 (deities) とあなたは、異なる存在ではない、

その壁を通り越したとき、観客までも開放され、近づくことができる。

周りに気をとられず、自分という意識から抜けて踊ることによって

瞑想状態に入り、内なる明瞭さ、一体感へとつながる。


失われつつある伝統は、踊り自体ではなく、そういったこと だそう。
[PR]

by okimaki | 2012-08-24 16:56 | スピリチュアリティー

夢と母

去った週末、久しぶりに高熱が出た、

日曜日の朝の時点で38度を超えてたから、夜中は39.9度ぐらいあったと思う。

友達に話すと、「そりゃよかったね~」 とか、 

「熱が出るのは、まだまだ体が元気な証拠」 とか、

「そんな外出できるぐらいなら、大した事ない」 とか、

「薬で下げずに、この際、しっかり解毒たらいい」 とか、

なぜか、とても喜んでくれた?!

張本人である私も、発熱しながらどこかで、「仕方ない」と熱を噛締めてた。

・・と言うのは、熱を出す3、4日前に見た夢と、母のアドバイスがあったから。


その夢の中で私は、去った日曜日に行われたイベント(あの時点では未来)で、

一緒に司会をする予定だったTさんを頼りに、不安を抱え進行役を行っていた。

その時点でも、私自身の判断では、「やればできる」と思っていたので、

起きた瞬間、「これは、先にお礼をしとかなきゃ・・」と思い、

誕生日が過ぎたばっかりのTさんに、お庭の花で花束を作り、

ミーティングの際に、「おめでとう」と渡したら、すごく喜んでくれた。


ミーティングはことなく過ぎ、その晩、母に電話した。

最近、体調のことでいろいろとあったので、そのことについて話しつつ、

「今週末は、こういったイベントがあってね」とポロっと言うと、

「体調のことを優先して、今回は役目を辞退したほうがいい」、

「皆に迷惑がかかる可能性もあるでしょ」と、具体的にどういうことが

起こりえるかを説明してくれた。 (役目が何か言わなかったのにね;)

親の意見として、当たり前のことを言ったまでだと思うのだが、

母の言うことを聞かず、いつも自分勝手な私が珍しく涙ながらに、

親の気遣い、アドバイスを真摯に受け止めることができた。


それと同時に、今まで心配させてきたこと、適当に聞いてきた

アドバイスの数々が思い出され、本当に悪いことをしたと心痛くなった。

そのタイミングで、電話に出た父は、大泣きしている私になんのことやら?笑


何はともあれ、熱にうなされたのか、過去の行為にうなされたのか・・

そういった状態が数日続きましたが、お蔭様で、今は大分すっきりしました。

もし強行突破していたら、本番当日に、穴をあけてしまうことになってたかと。


イベント4日前にお断りしたのにも関わらず、理解してくれて、

迅速に対応してくれたKさん、Nさん、Tさん、Sちゃん&皆様

色々と気遣ってくれた皆様、心からありがとうございました。

ちなみに、イベント大成功だったそうです!!
[PR]

by okimaki | 2012-08-08 15:46 | スピリチュアリティー

両替機に50ドル札を入れたら

両替機に黄色い50ドル札(5000円)を入れたら・・

緑の100ドル札(10000円)がいっぱい出てきた!



なんていう夢を見た。(色付き)



夢の中で私は、な~んだこんな簡単なことなのかと納得。


「お金」に限らず、形あるもの 無いもの 「願ったもの」が

ポンポンと増える仕組みって、こんなに簡単!と思った。


目が覚めて・・いったい何に納得していたのか・・??

また忘れちゃった。


・・と思ったら、思い出した!


今日は、この前もらったタッツロットの抽選日だ!

もしや、一億円が当たるのか=== と 喜び勇んで

夜8時の抽選発表をコンピューターの前で待ち構える。


11 なし

32 なし

48 あり

09 なし

・・・・・


結局、大はずれ。笑



この日は、ケビンとジュリアの一騎打ちの日でもあって、

夢に出てきたケビンは、TVで見るまま、まぁまぁ調子よさそうだった。


でも、逆に、夢では別人のように縦に線が入り怖~い顔に

なっていたジュリアに大差で負けた。(政権を握る労働党党首戦)


これまた、大はずれ。


単なる 私の願望だったのね~。笑
[PR]

by okimaki | 2012-03-05 21:38 | スピリチュアリティー

新年の抱負&肩書き

c0176193_179837.jpg

新年の抱負を兼ねて、自分に肩書きを付けてみました。

Sustainability Coordinator

Sustainability = 環境学的な持続可能性
Coordinate = 統合する・調整する・調和する

これは、とても幅広いので、簡単に言うと・・

平和で循環する暮らし・地域・イベント 創りの お手伝い役。

特に、個人レベルでの 平和や調和、人間関係、自然との
つながりに焦点を当てて、何かできることがあればと。


これは、私のライフワーク と思っている。

具体的に何ができるかと言うと、

* エコや平和、食や地域に関するイベント創りのお手伝い
* 東洋と西洋のBirthday占い (マーケット&個人にて)
* 自然やレイキを通して、個人の癒しのお手伝い
* Deep Ecology Workshop (予定)

物やサービス、知恵との交換、大歓迎です。

皆様、くとぅしもゆたしくうにげ~さびら (今年も宜しくお願い致します)。

辰年キーワード

実行・燃焼・自信・幸運・成功・冒険だそうです。
(辰年は、1月23日からです。)
[PR]

by okimaki | 2012-01-04 17:40 | サステナビリティー

新月の願い&サンタさん

幼いころ、クリスマスイブの夜は、
母が作ってくれた大きな靴下を枕元に置いて、
二段ベットの上で、サンタさんを待ちつつ眠りにつく。

クリスマスの朝到来。

目が覚め、靴下に手を伸ばすと、
空っぽだった靴下の中に、何かが入っている~~。

プレゼントの中身と同じぐらいに、
その魔法のような出来事がなんとも嬉しかった。

「願いは実現する・・」ということを
驚きと感動と共に、教えてもらったような気がする。


今晩から明日の朝にかけて、新月 だそうです。

12月25日 午前3時06分 (日本時間)
12月25日 午前5時06分 (豪州時間?)

新月サンタさんが、皆の「願い」を叶えてくれますように。


おまけメモ:

今年は、いろいろな宗教的行事や年中行事が
月の満ち欠けに、ピッタリ寄り添っている年だった。

これも、マヤ暦と関係するのかな?

[PR]

by okimaki | 2011-12-24 10:27 | スピリチュアリティー

フラと正夢

「こんなことなら・・
足の毛を剃っておけばよかった」と思う夢を見た。

その前後は覚えていないんだけど、その感情は覚えてて、
よく夢の話をするNちゃんに話したので覚えていたのよ。



その3日後。


「やりたいけど、どうしよう・・」と悩んでいた
フラダンスの会に初めて参加してきました。

当日の朝、場所を確認してMelway地図を広げたら
開いたページが222で、お外は太陽キラキラで・・

「やっぱり、グダグダせずに行こう!」と決めて行った。

顔見知りの方も、初対面の方もいらして、
かわいいフラスカートもわざわざ貸してもらい

「よっしゃ~」と思ったのもつかの間・・
私・・ズボン脱げません・・状態(><)。

「あいや~こんなことなら・・」

えっ?!こんなの正夢には入らない?


エニウェイ・・結論。

フラ最高~。
女に生まれてよかった。
フラ会の皆さんありがとう~。
今度からは、もっと女磨いて行きます。
[PR]

by okimaki | 2011-08-26 16:26 | スピリチュアリティー

一歩二歩三歩

浜岡原発(静岡)の停止要請と承諾に引き続き、
2030年までに総電力に占める原子力発電の割合を50%以上
とすることを目指すエネルギー基本計画が白紙になりました。


とりあえず一歩。

その一方で、福島の現状が気になる。

事故対策もそうだが、特に福島の方に向けて、
人や土地への放射能対策のまとめがほしい。
小耳に挟んだ「放射能対策」を、下記にあげてみました。

* 玄米菜食やお味噌の効果 (伝統食)
* 放射物質を土壌から取り除く植物 (ひまわりや麻)
* エネルギー(気)レベルでの対策法? (光の薬)


どなたか1ページぐらいで教えてください。


そして、やっぱり、さすてな的には
「暮らしの変化」を声を大にして提案したい。


「停電の時は、工場に行っても仕事がない」
=イコール 「だから原発は必要だ」も分かるのだが、

「他に生きていく手段はないのかなぁ?」とか
「もっと皆が生き生きと暮らせる方法」を模索したい。

このまま、また、元の生活に戻ってしまったら、
それこそ同じことを繰り返すと思う、その方がよっぽど嫌だ。


たとえ今回の原発事故がなくとも、オイルピークを過ぎた今、
オイルショック、つまりエネルギーがガタっとなくなる瞬間が来る。


これが、いつ起こるのかははっきりと分からないけど、
キューバという国は、90年代にそのショックを経験した。
c0176193_1610575.jpg


輸出入が制限され、物資や食料が不足し、停電もあり、
主な移動手段となった公共バスは不規則で、仕事もなくなる。
c0176193_169777.jpg


この島では、たとえ何かが壊れても、新しいものはないので、
建物やバス、楽器、車やバイク、全ての「モノ」は大切に使われ、
何度も修復され、いわゆる「使い捨て感覚」はほぼ存在しない。

大型輸送機関もなく、肥料や殺虫剤も出回らず、
街の中にて、小規模なオーガニック農園が行われはじめた。
当初、国民一人当たり、平均20ポンド程体重が減ったそうですが、
数年では、食料も豊富になり、80%以上がオーガニックだそうです。

c0176193_1694318.jpg

また、必要以上の物に、かけるお金も仕事もないのか、
時間はたっぷりあるようで、音楽を楽しんだり、踊ったり、
愛し合ったり(これ想像^^)、みんなやけにセクシ~です。

そのとき起こったことや、どういった対策がとられたかは
「The Power of Community ~How Cuba Survived Peak Oil~」にて
もう少し詳しく見ることができます。写真はこのサイトかお借りしました。


Youtubeのリンクは、こちらから(英語)。このDVD、今誰にまわってますか?

何かが起こってから気づくのが人間なのかもしれないけど、
「何かずれている?」と気づいた時点で、変えてゆきたい。

[PR]

by okimaki | 2011-05-11 14:22 | サステナビリティー

母乳からおしめまで

今朝の夢。

我が子に、左胸から母乳をあげて・・祖母のオシメを交換した。
前後にも色々とあった気がするが、その場面が記憶に残っている。

どういうことだろ????

とりあえず、メモ。

寝るのが趣味かというほど、よく寝る私、
イースターホリデイもよく寝てます。

明日からマーケット再開。
[PR]

by okimaki | 2011-04-25 14:03 | スピリチュアリティー