さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

タグ:暮らし ( 211 ) タグの人気記事


雲の上の一年間

SBSのオンデマンドで
「雲の上の一年間 - A year in the cloud」を観ました。

台湾の山岳民族アタヤールの人々が住む
スマグス村(28世帯、200人弱)の暮らし。

掻い摘んで説明すると・・

20年前は消えゆく村、貧しさのため若者が都会へ、
66歳になる村の長が見た夢と決意。

森の中にある大きな木、その木を利用して観光客を呼ぶ。
コ・マネージメントと呼ばれるシステムを始める。

季節ごとに仕事の内容は変わりますが、
観光客のおもてなし、農業(もも・穀物など)、レストランの経営、
キャンプ場の経営、森の手入れや見回り(密林から)、会議など、皆で行います。

女性は一ヶ月あたり約450米ドル、男性は約350米ドルの給与が支給されます。
女性の方がよく働くからと言っていました。

実際には、あまりお金は必要ないそうです。
教育、医療、結婚など大きな支出は村が援助。

昔から存在する村ですが、現代に適応するよう工夫しているところ、
そういった村が存在すること、嬉しかったです。

信仰は、キリスト教と祖先崇拝、土着の風習が混ざった感じでした。

子ども達を含め若者が村に戻ってきていました。
色々と難しいこともあるようでしたが、皆働き者、真っ直ぐでいい顔。

こういった暮らしはごく一部の人にしか受けないかなぁ・・?
戦争をしなくても事足る暮らしは無理なのかな・・なんて考えています。


c0176193_12264553.jpg

写真は Culture and climate change からお借りしました。

" A year in the clouds"

The documentary film “Smangus: A Year in the Clouds” grants deep insight into the life of a group of indigenous people from the tribe of the Atayal who live high up in the mountains of Neiwan near Hsinchu, Taiwan. They lead a life that seems to comply with the ideals of a Chinese “people’s commune” or a “Utopia” of western philosophy. Their life consists of cooperative labour, common utilisation of the returns, joint administration and sharing of the collective success. In this they are following the wisdom of their forefathers and leading a life in harmony with nature.
[PR]

by okimaki | 2014-04-29 12:29 | コミュニティー

パーマカルチャーって?

パーマカルチャーをご存知ですか?

持続可能で無駄のない農業や暮らしを目指す運動で、
オーストラリアではじまったものだそうです。

今回のホープコネクション・カルチャースクールは、
メルボルンで活動中の「持続可能社会ネットワーク(JOY)」
の皆さんとのコラボで、パーマカルチャーを紹介する企画です。

ニュージーランドにある農園での実践例をわかりやすく紹介した
「パーマカルチャー 
地球とつながる楽園の暮らし-
ニュージーランド虹の谷の農園から」
を鑑賞します。

そのあと、フランクストンで1999年からパーマカルチャーの
理念を取り入れた庭づくりされている細野祥子さんに、
メルボルンでの活動についてお話していただきます。

併せて、苗や種の交換会も開く予定です。
余っている種や苗をお持ちの方、どうぞ持っていらしてください。
お茶の時間には、体に優しい飲物もご用意しようかと・・・お楽しみに!

場所: Grattan Gardens Community Centre
    40 Grattan Street Prahran  ( Melway 58 D 5,
    Commercial Road から南向きに Grattan Street に入ってすぐ )
日時: 11月30日(土)午前10時から正午
参加費: $5 (モーニングティー、健康飲料付き)
問合せ・申込: 0408-574-824 または info@hopeconnection.org.au
        (11月28日までにお願いします。)
ウェブサイト: http://www.hopeconnection.org.au/

※チャイルド・ケア、駐車場をご希望の方もお申し込みの際に知らせて下さい。
(駐車スペースは先着順です。)
[PR]

by okimaki | 2013-11-11 23:03 | サステナビリティー

巳年も折り返し地点にかかり・・

巳年の持つエネルギーは 陰 。

秘め事も多く、ヘビのようにヌルッと掴み所がないのが

特徴の一つにあげられます。

そういった意味で、予測不可能とも言われます。

モメゴトを嫌い、よく言えば 平和主義、

悪く言うと 事勿れ主義 なところもあるようです。


そんな今年は、社会的にも、個人レベルでも

今まで気づかなかったこと、目を背けていた事、

深い部分でモヤモヤしていたこと等が、

表層化する年のように感じられます。


誰にでも、どんな組織にでも 

弱い面や改善しなければいけない面が

あるかと思いますが、そういったことに

嫌でも目を向けなければいけない年。


そういった意味で、精神的に追い詰められることも

あるかと思いますが、その山を越えさえすれば、

今までにないすっきり感が味わえるでしょう。

例えると、一皮剥けたヘビのよう!?




個人的な心がけ・・周りのせいにせず、

まずは自分がどうしたらいいのかを考え、行動する。

自分のパターンを理解する、ブレイクスル=!
[PR]

by okimaki | 2013-06-01 18:29 | 占い

赤い木と 黄色い川を 辿って行くと 滝

c0176193_1475990.jpg

メルボルンは 秋 から 冬 へ。
この時期はホント脱出したくなります。

c0176193_1481521.jpg

「5月に入るまでヒーターなしよ」の
友達との掟も、4月半ばで破りました。

c0176193_149162.jpg

これは鍛えなおさねばっと滝修行へ。
手だけ・・笑

c0176193_13493561.jpg

c0176193_13514742.jpg

まっこんな美しい風景が楽しめるなら、
この時期も悪くないか・・。
[PR]

by okimaki | 2013-05-23 13:52 |

共感力

電話で母が・・

「幼稚園のお隣に住む老夫婦が、こども達の声が騒がしくて、

おちおち生活もできないとの苦情を重ねている」という記事に触れた。

そこで、幼稚園側が老夫婦の家の窓を二重にしてあげたらしい。

「窓を二重にすることが解決策ではない・・それよりも、

老夫婦と園児が交流する機会を持つことの方がよっぽど大事だ」と言う母。

そうしたら、騒がしい声も「・・ちゃんの声かしら?」とか

「・・君泣いているけど、どうしたのかな?」という風に人は捉えるようになると。


話は少しずれるかも分からないが、

自分以外の人に共感する感性と言うのが、年々薄れているらしい。


原因として考えられることは、

電話やインターネットを介して行われる上辺だけの人間関係、

家族や親戚をはじめ、世代を超えた地域内交流の減少が思いつく。


共感することができなくなると、人は自己中心的になるだけではなく、

コミュニケーション(意思伝達)が上手くできなくなるようだ。

これは社会的動物(人間)にとって、かなりの痛手だ。


小さな島の割りかし都会で育った私自身も、思い当たる節が。


近所付き合いや親戚付き合い、面倒くさいと思ったこともあるけれど、

たくさんの人に叱咤激励されて、今の私がいることを忘れちゃならないと思った。
[PR]

by okimaki | 2013-03-21 21:18 | 平和

コーポレーション

英語のスペルというものは、
引っ掛け問題のようにできているようで、
未だに毎日と言っていい程間違ってしまう。


そこで、似ている響きなのに、まったく異なる単語(^。^)

1.cooperation

2.corporation

1.は、co-op などと短縮され 共同 という意味がある。

2.は、企業 という意味。


サステナビリティ を追求する企業も増えてきた中で、
やはり、一般的には 利益最優先 の企業が多く見受けられる。

c0176193_21336.jpg


昔見た、「The Corporation」と言うドキュメンタリーを思い出す。

心ある人間によって、創業されたのにも関わらず、
ある時から、利益と拡大 が 第一目的となる企業を描いた映画。

モンスターとなった企業が一人歩きをし始めると、
その歯車となった人々 (会社員) を、

目的 (利益増加と拡大) 達成のために利用する。
もちろん環境破壊も厭わない。

そのシステム事態に問題があるのでは?
・・と疑問を投げかける映画だったと思う。


逆に、理想的に運営されているCo-op (協同組合)とは?

ある地域に根付いていて、
その地域内で、サービスや物資の循環を促す。

利潤は、基本的にメンバーへ還元され、
必要があれば拡大するが、それが目的ではない。


今度こそ、しっかりスペル覚えよっ。
[PR]

by okimaki | 2013-03-02 21:14 | サステナビリティー

謹賀新年 巳年

明けましておめでとうございます・・とは言ったものの・・

月の暦では、2013年2月10日より新しい年が始まります。

2月9日までは、辰年のエネルギー下に在るということです。

やり残したことがある方、まだ遅くはないようです^^。

一年を振り返ってみたい方、参考になれば嬉しいです。

フィードバックもお待ちしています。

2012年 辰年 十二支別に見た今年の運勢 


2013年 巳年は、2月10日付けに掲載予定。
[PR]

by okimaki | 2013-01-16 21:28 | 占い

The Brave New World

ここ数ヶ月、「あの感覚」が戻ってきたような。

言葉では説明しにくいのですが、

あえて言うなら、暖かさ、のどかさ、開放感・・

湿った空気と、夜風の涼しさ、懐かしい匂いがする。

きっと夏の暑さと、雨や嵐が、沖縄を思い出させるのかと・・

思わず涙腺がゆるくなり、全ての美しさで胸がいっぱいに。


そんな中、マヤ暦では、新しいサイクルに入ったそうです。


その前日は、マヤさん宅での瞑想会にお呼ばれしました・・

帰り道に見た草木、いつもにも増して色鮮やかだったこと^^。


新暦の初日には、異なる分野で目標にしている先輩方と、

たまたま同じ日に、別々で、時間を共にすることができました。


これまた私にとっては、ラッキーなスタートでした。

私にとってのキーワードは、the Brave New World。


新たなサイクルが皆様にも、更なる喜びをもたらしますように。
[PR]

by okimaki | 2012-12-25 12:30 | スピリチュアリティー

幸運

雷  雨  満月  灼熱

七変化するメルボルンのお空の下、

頭の中の40%ぐらいを占めていた フラダンス が終わり・・

3%ぐらいを占めていた テニス も終わり、一段楽したところです。


フラに比べ、テニスに対する、愛情も敬意も足りないらしい私・・ 

練習せずとも、試合を続けられる方法はないかと模索していたのですが、

(そういった意味では、頭の30%ぐらいを占めていたかも・・;)

大のテニス好きの友人に、ビデオカメラ(撮影用)を借りてしまったため、

嫌でも練習しなきゃいけないはめに。

弱点である フォアハンドとサーブ、なぜ弱点が 弱点なのかを分析し、

one at a time 目的も持って練習をする。

ひたすら 練習練習練習練習練習  試合は二の次三の次と言われました。

これはもう、精神修養とでも思い込んで、やるしかないっと 腹をくくり、

がんばりましたよ==もう~。

お陰様で、体も心も引き締まったような・・ 疲れ果てたような・・笑。

いやぁ~何て私はラッキーなんだ!

去年の今頃 「体との対話」。
[PR]

by okimaki | 2012-11-29 16:03 | 健康

くばでぃーし

今帰仁 (なきじん) と 親泊 (おやどまり) が
一緒になってできた 今泊 (いまどまり)。

c0176193_1512958.jpg

この集落の中心にある、大きな木は
コバデイシ、フパルシ などとも呼ばれる。

c0176193_15123712.jpg

戦前は、男木 と 女木 二本が寄り添っていたそうで、
ウー(雄) フパルシ ミー(雌) フパルシ と呼ばれ、
子ども達にとって 格好の木登り場所だったよう。

c0176193_15125117.jpg

「台風で落ちた実を食べていた」と書かれていたのですが、
母世代では、「食べたことはない」 と言っていました。

今でもお盆豊年祭など、祭事のときには、たいてい この木の下に集まります。
何百年も静かに見守る、シマ (字・集落) の長老 といったお方。

c0176193_15133458.jpg

その横にひっそり建っている 拝所 (うがんじょ) は、
屈んで入れるほどの高さ、簡単に足を踏み入れてはいけない場所。

こういった場所が、集落の中に何箇所かあります。

まだ実際に使われている様子を見たことはないけれど、
おばあちゃん達が、決まった時期にお祈りをするそうです。
[PR]

by okimaki | 2012-10-16 15:18 | コミュニティー