さすてな


自然回帰 と 誕生日占い   by モルモットラテ &
by okimaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
さすてな的活動
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
画像一覧

タグ:本・映像 ( 89 ) タグの人気記事


雲の上の一年間

SBSのオンデマンドで
「雲の上の一年間 - A year in the cloud」を観ました。

台湾の山岳民族アタヤールの人々が住む
スマグス村(28世帯、200人弱)の暮らし。

掻い摘んで説明すると・・

20年前は消えゆく村、貧しさのため若者が都会へ、
66歳になる村の長が見た夢と決意。

森の中にある大きな木、その木を利用して観光客を呼ぶ。
コ・マネージメントと呼ばれるシステムを始める。

季節ごとに仕事の内容は変わりますが、
観光客のおもてなし、農業(もも・穀物など)、レストランの経営、
キャンプ場の経営、森の手入れや見回り(密林から)、会議など、皆で行います。

女性は一ヶ月あたり約450米ドル、男性は約350米ドルの給与が支給されます。
女性の方がよく働くからと言っていました。

実際には、あまりお金は必要ないそうです。
教育、医療、結婚など大きな支出は村が援助。

昔から存在する村ですが、現代に適応するよう工夫しているところ、
そういった村が存在すること、嬉しかったです。

信仰は、キリスト教と祖先崇拝、土着の風習が混ざった感じでした。

子ども達を含め若者が村に戻ってきていました。
色々と難しいこともあるようでしたが、皆働き者、真っ直ぐでいい顔。

こういった暮らしはごく一部の人にしか受けないかなぁ・・?
戦争をしなくても事足る暮らしは無理なのかな・・なんて考えています。


c0176193_12264553.jpg

写真は Culture and climate change からお借りしました。

" A year in the clouds"

The documentary film “Smangus: A Year in the Clouds” grants deep insight into the life of a group of indigenous people from the tribe of the Atayal who live high up in the mountains of Neiwan near Hsinchu, Taiwan. They lead a life that seems to comply with the ideals of a Chinese “people’s commune” or a “Utopia” of western philosophy. Their life consists of cooperative labour, common utilisation of the returns, joint administration and sharing of the collective success. In this they are following the wisdom of their forefathers and leading a life in harmony with nature.
[PR]

by okimaki | 2014-04-29 12:29 | コミュニティー

パーマカルチャーって?

パーマカルチャーをご存知ですか?

持続可能で無駄のない農業や暮らしを目指す運動で、
オーストラリアではじまったものだそうです。

今回のホープコネクション・カルチャースクールは、
メルボルンで活動中の「持続可能社会ネットワーク(JOY)」
の皆さんとのコラボで、パーマカルチャーを紹介する企画です。

ニュージーランドにある農園での実践例をわかりやすく紹介した
「パーマカルチャー 
地球とつながる楽園の暮らし-
ニュージーランド虹の谷の農園から」
を鑑賞します。

そのあと、フランクストンで1999年からパーマカルチャーの
理念を取り入れた庭づくりされている細野祥子さんに、
メルボルンでの活動についてお話していただきます。

併せて、苗や種の交換会も開く予定です。
余っている種や苗をお持ちの方、どうぞ持っていらしてください。
お茶の時間には、体に優しい飲物もご用意しようかと・・・お楽しみに!

場所: Grattan Gardens Community Centre
    40 Grattan Street Prahran  ( Melway 58 D 5,
    Commercial Road から南向きに Grattan Street に入ってすぐ )
日時: 11月30日(土)午前10時から正午
参加費: $5 (モーニングティー、健康飲料付き)
問合せ・申込: 0408-574-824 または info@hopeconnection.org.au
        (11月28日までにお願いします。)
ウェブサイト: http://www.hopeconnection.org.au/

※チャイルド・ケア、駐車場をご希望の方もお申し込みの際に知らせて下さい。
(駐車スペースは先着順です。)
[PR]

by okimaki | 2013-11-11 23:03 | サステナビリティー

いのしし年生まれの男性

個人的に、よく分からない方たちです。

オポージングサイン(真逆)だからでしょうか?
でも気になるのは、確かです。

最近特に気になる亥年男性は・・

2006年より WikiLeaks で活動を続ける、
ジュリアンアサージさん (Julian Assange)  
1971年7月3日 亥年・蟹座

CIAやNSAによる 「大衆監視プログラム」を暴露した、
エドワードスノーデンさん (Edward Snowden)
1983年6月21日 亥年・双子座 <蟹座寄り

どちらも政府や軍の行きすぎた権力行使に対して
身を徹して疑問を投げかけています。

「なすべき事をなす」という
強い意志あっての行動だと思うのですが・・

大声を張り上げて、現状を打破するわけでもなく、
その淡々とした言動が気になります。

ウィキペディによると、スノーデンさんのお父さんは、
息子のことを「繊細で思いやりのある子」だと言っています。

日本にある米軍基地に住んでいたこともあるそうで、
日本のポップ文化にも興味があり、仏教徒だそうです。

ちなみに、ダライラマも亥年の蟹座ですね。

他にも気になることがいっぱいです。
[PR]

by okimaki | 2013-06-22 22:20 | 占い

カンガルーダンディー

「何それ、パロディー?」と聞かれましたが
それは、見てのお楽しみ。


同じ有袋類ですが、相反する特徴を持ち
オーストラリアを代表するコアラとカンガルー。

常にマイペースなコアラ。

c0176193_1228251.jpg

この日も一日食っちゃ寝食っちゃ寝でした。
ユーカリは毒素が強いので、消化に時間がかかります。
聞くところによると、いつもハイ状態だそうです(^。^)。

c0176193_12283740.jpg

森と森が町々で切断されると、
似通った遺伝子を持ったコアラ同士が交配し、
抵抗力も含め、どんどん弱くなっていってしまいます。

c0176193_12294194.jpg

Nature's Corridor (自然の廊下) と呼ばれる、
動物たちの通り道を、町設計の際に取り入れることが大事。


こちらはグレーカンガルー。

c0176193_1230887.jpg

まっすぐな視線とダイナミックな動き、
特に雄カンガルーは威厳があります。

c0176193_12303713.jpg

キャンベラ付近で増えすぎたカンガルーをどうするか?
という論争が繰り返されていますが、難しいところです。


そうそう、オーストラリア在住の方、
毎週木曜日8時半よりABC チャンネルで放送される
「カンガルーダンディー」お勧めです!
[PR]

by okimaki | 2013-03-28 12:31 | 生き物

罰するか許すか

一昨日の夜、昨晩は立て続けにSBSのサイトで映画を見た。

一つは2011年に外国映画部門でアカデミー賞を受賞したデンマークの映画。
In a better World (よりよい世界では)

罰する(仕返しする)か許すか(流すか)、
暴力か非暴力かなど、色々と考えさせられる映画だった。

もうひとつは、「Harry Brown」こっちも似たようなテーマで、
暴力的なシーンもあるので、数日引きずるのですが、
ホント何が正しくて何が間違っているのか、頭がクルクル。



罰することは 時に 仕返しすること で、

許すことは 時に 蔑(ないがし)ろにすること。

人間という生き物は、ホント複雑だと感じる。
[PR]

by okimaki | 2013-03-12 23:09 | スピリチュアリティー

コーポレーション

英語のスペルというものは、
引っ掛け問題のようにできているようで、
未だに毎日と言っていい程間違ってしまう。


そこで、似ている響きなのに、まったく異なる単語(^。^)

1.cooperation

2.corporation

1.は、co-op などと短縮され 共同 という意味がある。

2.は、企業 という意味。


サステナビリティ を追求する企業も増えてきた中で、
やはり、一般的には 利益最優先 の企業が多く見受けられる。

c0176193_21336.jpg


昔見た、「The Corporation」と言うドキュメンタリーを思い出す。

心ある人間によって、創業されたのにも関わらず、
ある時から、利益と拡大 が 第一目的となる企業を描いた映画。

モンスターとなった企業が一人歩きをし始めると、
その歯車となった人々 (会社員) を、

目的 (利益増加と拡大) 達成のために利用する。
もちろん環境破壊も厭わない。

そのシステム事態に問題があるのでは?
・・と疑問を投げかける映画だったと思う。


逆に、理想的に運営されているCo-op (協同組合)とは?

ある地域に根付いていて、
その地域内で、サービスや物資の循環を促す。

利潤は、基本的にメンバーへ還元され、
必要があれば拡大するが、それが目的ではない。


今度こそ、しっかりスペル覚えよっ。
[PR]

by okimaki | 2013-03-02 21:14 | サステナビリティー

老子の三宝説

老子は、三つの宝を授かったそうです。

一、  (慈悲 慈愛)
二、 剣 (つつましやか)
三、 敢えて天下の先とならず (地位、名誉、利益に駆り立てられ、焦らない)

「十八史略」より


特に、三番目の宝 に注目。

「地位、名誉、利益 に駆り立てられ、焦らない」

「名誉」ではなく、「名声」の方が、合っているような気がします。

「地位」とはつまり「権力」と言うことで、「利益」を簡単に言うと「お金」。

「あえて これらを求め 先とならず」と言うことですね。


そういった意味で、現代社会は真逆を行っている(た?)ように感じられます。

メディアや教育によって、権力、名声、お金 を、自ずと求める人材を作り、

善悪の判断が鈍ったところで、就職活動を経て、現代社会の歯車となり

これらをひたすら追いかけ、一生が終わることも・・。


言い方を変えると、そういった外的動機によって行動している間は、

目の前に「それら」がぶら下げられると、思わず動いてしまう自分がいるので、

内なる声、エゴを超えた内なる動機に耳を傾けることが難しくなってしまうよう。


これは、分かりやすいようで分かり難く、多くの場合・・

一見、皆が納得するような 「大義名分」や「使命」があったり、

限られた一部への執着 (・・とも言える愛) が 動機となったりすると、

「愛」や「善」の裏に存在する、本来の動機 (また一部) に気が付けないようです。


私一人のことだったら、大したことはないかもしれませんが (あるか・・)

多くの人は、この狭間をいったりきたりしているように思います。そして、

これが、人間全体(マス)となって動き出したとき、自然や他の生物に影響が出る。


老子のおっちゃんは、どうやってそんなお宝を手に入れたのかね・・?

読み下し文 と 現代語訳
[PR]

by okimaki | 2012-12-14 18:15 | サステナビリティー

最後のスピ会 前夜の夢(魔女とノロ)

2008年10月から定期的に行われてきたスピ会、
2012年11月をもって、一区切りとなりました。

元々、レイキのメンバーを中心に続けてきた会でしたが、
メルボルン一時滞在中に出会えた方、永住されている方、
たくさんの貴重な出会いがあり、楽しい時間を共にすることができ、

心からありがとうございました。


最後のスピ会の前夜に見た夢。

私は西洋人女性。

草原のようなところで、何かに貼り付けにされてます。

ヤリ(時々なぜか手裏剣;)が、私をめがけて飛んできます。

夢の中で 「尖ったものが嫌いな理由はこれか」と、思っています。

また、私に向かってヤリを投げつけている人たちが、

不思議と私以上に恐怖を抱いているのだなぁと感じました。

覚えているのはこれだけ。

どこかで聞いた魔女狩時代の話でしょうか?

Dに話すと、そんな話は五万と聞いたと言われました。笑

何はともあれ 「女性に対する恐れ」

「神秘性の受け取り方の違い」 「時の流れ」 を感じました。


現在、飛ばし読み中の本 「The Okinawa Program」。

沖縄(特に女性)の長寿の理由、その一つとして、

「家庭と地域において、精神性に関わる役割を担っている」

という点が特筆されていました。


具体的には、ある程度年齢を重ねた女性達 (おばあちゃん達) が、

日々のお祈りや年中行事の際に、中心的な存在として参加するということです。

c0176193_1536143.jpg

c0176193_153647100.jpg

この世にいながら、あの世を思い出させる 儀式や祭事 の重要性は

日々感じていたのですが、これが健康長寿の秘訣にもなると言うことで、納得。

また他の文化圏同様、政治や経済の分野において男性が活躍している中、

女性がそういった役割を担うことは、とても理にかなっているように思える。

c0176193_15384068.jpg

c0176193_15393213.jpg

c0176193_15395388.jpg

c0176193_15401896.jpg


西洋における魔女に対して、沖縄におけるユタやノロ、

似通った役割を担っていながら、一方では魔女狩りという道を辿り、

もう一方では健康長寿の秘訣とまで言われ・・

いったいこの差は何なのか? 時代の流れなのか?

そんなことが気になる今日この頃。
[PR]

by okimaki | 2012-12-01 21:02 | スピリチュアリティー

過去の清算

いつの間にやら、再び最近のテーマとなっています。

過去の経験から「癖」となってしまった自分のパターンを認識し、

過去を引きずることなく、「今」に焦点をあて、生きるということ。


これは、過去に得た知識や経験を、放棄すると言うわけではなく、

よく陥ってしまう「思考パターン」を手放すというだけのこと。


このパターンは、幼少期に家庭内で構築されることが多く、

特に親との関係を振り返ることが、カギとなっているよう。


更に掘り下げると、両親はその両親から受け継いでいるパターンもあり、

祖父母や曽祖父母のことを知ることも、ヒントになり得るように感じる。


つい先日、体を動かし、すっきりとした心身の状態で、

久しぶりに「聖なる予言」を開いたら、第6章は「過去の清算」について。

以前はピンとこなかった部分ですが・・

この本では、コントロールドラマを例にとって、物語風に説明しています。

人からエネルギーを奪う方法: 攻撃者・批判者・傍観者・被害者) 

その状態から脱皮し、エネルギーソースとつながり、

シンクロニシティーに気づき、進化を促進する・・という風です。


個人メモ

1.コントロールドラマを認識する

2.エネルギーソースにつながる

3.コントロールドラマを手放す

4.


[PR]

by okimaki | 2012-11-29 15:29 |

ニュース

あまりテレビは見ないのですが、時々ニュースを見る。

普通に「ああ、そうなのかぁ」と見るだけではなく、考えてみる。

「今、なぜ、こういったニュースを取り上げるのか?」という視点から見る。

すると、まったく異なった地域でも、共通する流れがあることに気づく。

例えば、日本と豪州、両国で同時進行しているニュースと風潮。


1.CCTV の促進

「あなたの住んでいる地域は事件がいっぱい、組織犯罪もあります、
他人は信用できません、なので公共の場にCCTVを導入しましょう」・・という流れ。

確かにCCTVを導入することによって、検挙率は上がるかもしれない。
反面、更に個人のプライバシー(権利)を、権威に明渡す事につながる。
同様に、インターネット上の個人情報へのアクセスも容易になりつつある。

「なぜ犯罪が起きるのか?」根本から解決しようとせず、恐怖感を煽り、
表面的に取り繕って、その間に新たな法律を導入する、何かおかしい?


2.対立 を生み出す

日本では、領土問題をめぐって、対 中国・韓国・ロシア ・・という展開です。
豪州・米国では、宗教動画から 対 イスラム教の国々 ・・という形です。

「ほっといたら、何をしでかすか分からない人達、侵略されるかも」・・と言った形で、
この場合、対立している双方の国で、似たようなニュースが流れ、
自国の領土や価値観が脅かされる、といった方向に流れていく。

こういった問題がないと言っているわけではなく、ニュースを鵜呑みにせず
自分で調べたり、対立を感じる人たちと直接向き合って話す必要がある。

あるいは、メジャーチャンネルが流すニュースを見ない?!

ニュースを考えるときの判断基準の一つとして、
セパレーション(分離)や恐怖を感じるニュースには疑問を持つ。

自分と他人、自国と他国、例え問題があったとしても、
溝を深くせず、相互理解に伴った行動がいいさね。

[PR]

by okimaki | 2012-09-26 14:06 | 平和